RMKスムースクレンジングオイルを大調査!

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

パウダーファンデーションやチークなどのコスメ品を中心に人気を集めているRMKですが、

優秀なクレンジングアイテムも勢ぞろいなんです!

そこで今回は、RMKで販売されている「スムースクレンジングオイル」を徹底調査。

テクスチャーやクレンジング力、そして気になる口コミもまとめて紹介しますよ!

ぜひチェックしてくださいね。

RMKスムースクレンジングオイルについて

RMKスムースクレンジングオイルの魅力

RMKにはクレンジングオイルの他に、バームタイプやミルクタイプが販売されています。

なかでもスムースクレンジングオイルは、

頑固なマスカラや毛穴汚れもさっと落とすことができるクレンジング力が魅力なんです!

https://twitter.com/bxyjkit/status/716652857202618368?lang=ja

こちらの口コミにもあるように、

植物由来オイルを100%使用しているので、肌のうるおいを残して不要な汚れだけをさっぱりと洗い流してくれる優秀なクレンジングオイルなんですよ!

お値段は175mlで3400円+税。

毎日メイクを落とすと想定すれば、1本で1ヶ月〜1ヶ月半ほどの使用量になると思います。

植物性のピュアオイルでクレンジングを検討している方はココナッツオイルもおすすめです。

⇒ココナッツオイルで作るクレンジング!重曹を使った作り方とは?

3,400円はちょっぴり高値かもしれませんが、

安価なクレンジングオイルにありがちな鉱物油も不使用で、

肌に優しい訴求成分が豊富に含まれているのが大きなポイントです!

さらに、濡れた手や顔でも使用することができます。

メイクは風呂場で落としたい!という人にもぴったりのクレンジングオイルといえるでしょう。

スピーディクレンジングオイルでソフティモも気になりませんか?以下のサイトに詳しく紹介していますのでもしよかったら参考にしてくださいね。

⇒スピーディクレンジングオイルのおすすめは?ソフティモまとめ!

RMKスムースクレンジングオイルの成分を徹底解剖!

RMKスムースクレンジングオイルの成分を徹底解剖!

先ほど「肌に優しい訴求成分が豊富に含まれている」とお伝えしましたが、

何がどのように肌に良いのか、パッと見ただけではわかりませんよね。

次に、スムースクレンジングオイルに含まれる成分について一つ一つ解説していきたいと思います。
配合成分 目的 効果
スクワラン エモリエント成分 肌への柔軟効果
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 合成界面活性剤 乳化
ミリスチン酸イソセチル 保護剤 皮膚への柔軟効果
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 非イオン界面活性剤・乳化剤 乳化
オリーブ果実油 閉塞剤、エモリエント成分 保湿効果、皮膚への柔軟効果
ミリスチン酸オクチルドデシル 油剤、閉塞剤 皮膚への柔軟効果
(ヘキシルデカン酸/セバシン酸)ジグリセリルオリゴエステル エモリエント成分 皮膚への柔軟効果
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル 褪色防止剤 褪色・変色防止
ダイズ油 酸化防止剤、エモリエント成分 整肌効果、皮膚への柔軟効果
香料 香料 香りづけ
ヒマワリ種子油 エモリエント剤、皮膚コンディショニング剤(未分類)、閉塞剤、溶剤 皮膚への柔軟効果、抗酸化作用
ホホバ種子油 柔軟成分、エモリエント成分 皮膚への柔軟効果
オレンジ果皮油 皮膚コンディショニング剤 抗炎症、抗菌作用、皮膚への柔軟効果
ニンジン根エキス 角質柔軟成分 肌をなめらかにする
こちらはひとつひとつの成分の内訳がわかるようにざっくり説明したものになりますが、こちらを見て何か感じませんか?

美容部員である私の目から見ると、

「洗浄成分が意外にも少ない」という事を感じました。

通常のクレンジングオイルは、

基剤となる油と乳化剤である界面活性剤によってメイクが落ちる仕組みに成っているのですが、

スムースクレンジングオイルに含まれる油分は、すべてが美肌目的で配合されているんです。

基剤であるスクワランに関しては、

一般的な化粧品ではサメの肝油を抽出したスクワランであることに対し、

スムースクレンジングオイルはサトウキビ由来のものを使用しています。

実はここに大きなポイントがありまして、

植物性オイルは必要な皮脂、不要な皮脂を見分ける効果があるんです!

(先ほどの冒頭でも軽く触れましたね。)

つまり、洗いすぎによる乾燥を防いで、肌のうるおいを守ってくれるように作られているんですよ!

最近の美意識の高い男性にも好まれている理由がこういうところにも表れています。

また、皮膚を柔軟するエモリエント成分も多く含まれています。

これは、肌表面の古い角質を軟化して優しくオフすることでターンオーバーを促し、


くすみや肌の老化を解消へと導いてくれるんです。

スムースクレンジングオイルは、ただメイクを落とすだけではなく、

使い続けるたびに肌が柔らかくなり、内側から透明感を引き出してくれるアイテムなのです!

クレンジングオイル以外でも角質ケアができる?

また、スムースクレンジングオイルを使用する以外にも角質ケアにぴったりなアイテムがRMKにはあります。

それが「RMKコットン」。

水を含ませるとジェルのような感触になり、裏表を使い分けることで古い角質や角栓を優しくオフすることができるんですよ!

もしよかったら、こちらの公式動画も見てみてくださいね。

RMKスムースクレンジングオイルの界面活性剤は大丈夫?

さて、先ほどご紹介した成分表の中にも界面活性剤はいくつか入っていましたね。

界面活性剤は、水分と油分を混ぜ合わせて乳化させるために必要な成分。

でも、なかには「界面活性剤で肌が荒れてしまう…」という人もいるでしょう。

しかし、RMKで使用されている界面活性剤は、いずれも安全性に優れているので神経質になる必要はないでしょう。

特に非イオン界面活性剤は分子が大きいので、肌内部に浸透する心配もなく、メイク汚れとともに洗い流すことができます!

心配な場合は、一度サンプル品やハンドデモで試してみると良いでしょう。

RMKスムースクレンジングオイルの使い方

優れた成分が豊富に含まれているのに、使い方次第ではその効果を十分に生かすことができないこともあります

そこで、スムースクレンジングオイルの正しい使用方法についてご紹介しましょう。

先ほども動画をご紹介しましたが、

コットンを使ったメイクオフを推奨しています。

まず、クレンジングオイルを適量手に取り、

アイメイクやリップなどの落ちにくいメイクから軽くなじませていきます。

次に、水を含ませて軽く絞ったコットンを肌にすべらせるようにしてマッサージしていきます。

くるくると円を描くようにして、

内側から外側、下から上という流れで顔全体にクレンジングオイルをなじませるうちに、

古い角質や角栓が自然と緩んでいきます。

クレンジングオイルの乳化の詳しいコツは以下のサイトでも紹介しています。

⇒クレンジングオイルで乳化しない?正しいやり方とコツを伝授!

そしてコットンを裏返し、ざらつきが気になるパーツからすべらせるようにしてオイルを拭き取っていきます。

顔全体のオイルを拭き取ったら、ぬるま湯で洗い流して完了です!

…と、ここで紹介した方法は角質ケアを兼ねたクレンジング方法でしたが、

パパッとメイクを落としたい人は、

クレンジングオイルを手のひらに3〜4プッシュ取り顔全体になじませた後、

濡れた手でオイルを乳化させて、ぬるま湯で洗い流してくださいね。


クレンジングを購入の際は、コットンもご一緒にどうぞ!

矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる