マツエク女性のアップイメージ

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

これまでに、ジェルやリキッド、オイルやミルクなど、マツエクに使える様々なクレンジングについて取り上げてまいりましたが、

残すはクリームタイプのみとなってしまいました。

そもそも、マツエクに使っても大丈夫なのでしょうか?

その辺りを含め、クレンジングクリームの使用方法や注意点についてまとめました。

sponsored link

マツエクにも使える?クレンジングクリームについて

注目!クレンジングクリーム 3つの特徴のイメージ

数あるクレンジングの中でも、とてもしっとりしていて使い心地の良いクレンジングクリームは、

乾燥肌の方を中心に増加の一途をたどっています。

しかし、マツエクに使っても大丈夫なのでしょうか?

まずは、クレンジングクリームの性質から学んでいきましょう。

クレンジングクリームの性質について

クレンジングクリームは油分をベースとしたクレンジングで、

オイルタイプと同様、油溶性クレンジングの一つとして数えられています。

また、油分と保湿洗浄成分(つまり界面活性剤のこと)によって成立っており、

皮脂やメイクを落としながらも、肌への保湿効果が期待できるのです。

クレンジングクリームのクレンジング力について

しかし、クレンジングミルクはメイクを落とす力が弱いことが難点で、

クレンジングオイル>クレンジングリキッド>クレンジングクリーム>クレンジングミルク

のように、水溶性であるクレンジングリキッドよりもパワーが弱いのです。

クレンジングクリームのメリット&肌質について

しかし、肌に必要な皮脂を落とさず、肌のバリア機能を高めてくれる効果が期待できるので、

外的な刺激から肌を守る土台を作ってくれます。

主に、乾燥肌や敏感肌にオススメしたいアイテムですが、

逆に脂性肌の人にとってはクレンジングミルクで余計ベタつきを感じてしまうこともあると思います。

また、毛穴開きが気になる場合もクレンジングクリームによる毛穴詰まりに注意が必要です。

sponsored link

クレンジングクリームはマツエクに使えるのか?

マツエクに使う時 注意点は2つのイメージ

それでは話題を戻しますが、

以上の説明からクレンジングクリームがマツエクに使えるかどうかわかりましたでしょうか?

マツエクにとって気をつけたいのが、オイルと摩擦の2点です。

特に、ミネラルオイル(鉱物油)はマツエクの接着剤(グルー)を溶かしてしまう危険性があるため、

クレンジング選びにおいては避けたいものですよね。

基本的に、クレンジングクリームは油溶性のクレジングなので、マツエクにはオススメできません。

もちろん油溶性ですから、オイルフリーのクレンジングクリームも存在しませんよね。

目元以外で使用するには問題ありませんが、

その際は使用方法に十分注意しましょう。

それではオイルクレンジングで、マツエク対応のものは当然ないのかといったらそうではないんですね。おすすめのマツエク対応のクレンジングオイルをランキングで紹介してますのでチェックしておくといいですね。

⇒マツエクokのクレンジングのおすすめランキング!ビオレやオイル別に

マツエクでも安心!クレンジングクリームでメイクを落とす方法

乾燥肌や敏感肌の方で、クレンジングはやっぱりクリームを使いたい!という方も多いでしょう。

マツエクをしていてもクレンジングクリームが使いたいという人は、ポイントメイクリムーバーの併用がおすすめです。

あらかじめ、ポイントメイクリムーバー(鉱物油不使用)をコットンに含ませ、

目元のアイメイクを優しく拭き取っていきます。

そのあと、クレンジングクリームを目元以外の部分になじませ、洗い流すことができればマツエクに与える影響もありません。

ただし、洗い流す際は手で顔をこするのではなく、豊富な水量でパシャパシャ顔にかけるように洗うのがポイントです。

sponsored link

マツエク使用者に知ってもらいたい!クリーム以外でおすすめのクレンジング!

マツエクでも使用出来るクレンジングクリームは、今現在のところ存在していませんが、

最近ではマツエクを使用していても使えるクレンジングオイルも話題になっています!

また、クリームよりもさっぱりした使用感ですが、クレンジングミルクも乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

ビオレや無印良品など、同一メーカーでもいろんな種類のクレンジングを扱っていることが多いので、

それぞれの性質とあなたの肌質、メイクに合わせてクレンジングを選んでくださいね。

マツエクに対応しているクレンジングは沢山ありますよ!

矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる