クレンジングオイルに洗顔は必要?W洗顔不要アイテム4つを厳選!

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子でfす。

脱脂力やメイク落ちに優れたクレンジングオイルですが、この後の洗顔は必要かどうかについて、

私の周りでも迷っている人が結構いるんです。

最近ではW洗顔が不要なクレンジングオイルも登場していますが、

基本は洗顔が必要なのでしょうか?

今回は、クレンジングオイルにおける洗顔の必要性について説明していきたいと思います。

sponsored link

クレンジングオイルと洗顔それぞれの目的を整理しよう

クレンジングオイルと洗顔それぞれの目的を整理しよう

まずは、クレンジングオイルと洗顔それぞれの目的から見ていきましょう。

クレンジングオイルの目的はメイク汚れを落とすこと、と言ってしまうのは簡単ですが、

専門的な観点で言い換えると、クレンジングオイルは「油性の汚れを落とす」ことが目的となっています。

油性の汚れといえば、真っ先に思い浮かぶのがメイクですよね。

リキッドファンデーションやクリームタイプのアイシャドウにも油分は含まれていますし、

おしろいやチーク、アイシャドウといったパウダーにも肌に密着させるための油分が含まれています。

この他に考えられるとすれば、ベタつきや毛穴汚れの原因となる皮脂です。

油溶性の汚れは当然、水では落ちませんよね?

クレンジングオイルは、油性の汚れを浮かして水で洗い流すことができます。

それでは話を洗顔に切り替えましょう。

洗顔の目的は、汗やほこりなどの「水性の汚れを落とす」ことが目的となっています。

また、クレンジングでは落とせなかった汚れもきれいにオフすることができるのです。

…ここまで読んでいただいたらもうわかりますよね!

クレンジングオイルの後も、洗顔は必要ということなんです!

クレンジングオイルと洗顔で懸念されること

クレンジングオイルと洗顔で懸念されることとは?

しかしながら、クレンジングオイルだけでも非常に脱脂力が強いですし、

洗顔料においても合成界面活性剤使用のものに関しては脱脂力が強いので、

洗いすぎによる肌荒れも懸念されます。

プチプラ商品のクレンジングオイルは要注意ですね。100円均一で有名なダイソーで取り扱いがあるか気になるあなた以下のサイトも参考に。

⇒ダイソーにクレンジングオイルはある?4つの商品の効果を比較!

私たちの肌の表面は、天然の保湿クリームの役割を持つ皮脂膜で覆われています。

この皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗によってできており、

肌内部の水分が蒸発しないように蓋をしてくれたり、外的ダメージから肌を守ってくれます。

クレンジングオイルや洗顔によって洗いすぎてしまうと、

皮脂膜をつくるために必要な皮脂まで奪われてしまうため、肌が急激に乾燥する恐れがあるのです。

そのためには、クレンジングオイルや洗顔料の使い方・量を正しく扱い、スキンケアで十分な保湿を行う必要があるのですが、

いきなり正しい方法で行おうとしてもうまくいかないことだってあると思います。

そこで私がお勧めしたいのが、W洗顔が不要のクレンジングオイルなんです!

sponsored link

W洗顔不要のクレンジングオイル・4つをご紹介!

洗いすぎによる肌の乾燥や肌荒れを防いでくれるほか、

保湿成分もたっぷり含まれているW洗顔不要のクレンジングオイルについてご紹介します!

毎日のお手入れも手早く行えますし、仕事で疲れた日でも助かりますよね。

ここではネットでも評判があり、かつ私自身がおすすめしたいクレンジングオイルをピックアップしているので、

ぜひチェックしてみてくださいね!

人気商品1:クリアオイルクレンズ〜シトラスアロマ〜/アテニア

オーガニックアルガンオイルを配合したクレンジングオイル。

スピーディクリア処方によって、ハードなメイクも素早く落とすことができますし、すすぎもスムーズです。

実際に私自身も直営店に足を運んでハンドデモしてもらったのですが、

さわやかなシトラス系のアロマが香ってすごく心地よかったです!

また美容部員さんに話を伺ったのですが、エモリエント効果で毛穴を柔らかくするので、

角栓や毛穴詰まりを落としやすくしてくれるそうですよ。

鉱物油も含まれていないので、一般的なグルーを使っていればまつ毛エクステをしている人でも使えます。

その他、着色料やアルコール、パラベンなども使われていないので、

肌が揺らぎやすい人でも安心してお使いいただけると思います。

洗いあがりのすっきり感も最高!

ヌルつきもないので、もちろんW洗顔は必要ありません。

人気商品2:ウォーターフレンドリークレンジングオイル[F1]/DHC

当サイトでも何度か登場するDHCのクレンジングオイル、こちらは初出ですね!

落ちにくいメイクはもちろん、毛穴の奥の汚れや黒ずみまで浮かせて落としてくれるので、

使うたびに素肌力が高まるクレンジングオイルです。

短時間でメイクオフできるので、肌の乾燥しません。

肌荒れ防止成分が含まれているので、肌が揺らぎやすい人にもオススメ!

また、濡れた顔や手でも使えるのでお風呂にも持ち込みができます。

こちらも鉱物油が使われていないので、一般的なグルーであればまつ毛エクステをしている人でも使えます。

着色料や香料、パラベンも入っていません。

機能性はもちろん、美容効果も期待出来る一品です!

人気商品3:ピール&モイスト リッチオイルクレンジング/ロゼット

日本で初めてクリームタイプの洗顔料を発売した、老舗ブランド・ロゼット。

こちらのクレンジングオイルには、アルガンオイルやローズヒップオイル、オリーブオイルといった天然オイルを配合しており、

肌のうるおいを守りながら、使うたびになめらかな肌状態に導いてくれます。

洗顔料やクレンジング剤としてはめずらしい、アールグレイの香りがするのも特徴ですね!

ウォータープルーフの強力なポイントメイクもこすらずに落とすことができるので、

肌に対する摩擦も軽減できます。

こちらも濡れた手で使えるので、お風呂場でも大活躍しそう!

高級感あるデザインボトルながら、185mlで1000円というリーズナブルな価格設定も魅力です。

人気商品4:クレンジングオイル/ケサランパサラン

リップなどのコスメ品が大人気のケサランパサランですが、

こちらのクレンジングオイルもとっても優秀!

クイックリムーバルオイル、そしてウォータースムースフィット成分を配合しており、

頑固なメイクにも素早く馴染み、スムーズに洗い流すことができます。

水に触れた瞬間スピーディーに乳化するので、さっぱりとした洗い上がりが実現できるのです。

天然ダマスクローズエッセンシャルオイルを配合しているので、ほのかにバラの香りを感じますし、1日の疲れをリセットさせてくれます。

また、まつ毛エクステにも使えるという点で非常に便利です!

汗やほこりといった水性の汚れも一度で落とせるので、

W洗顔が必要ないんです。

クレンジングオイルと洗顔を正しく行って乾燥を防ごう!

過去記事でも紹介しているので、こちらでは軽く触れる程度にしておきますが、

クレンジングオイルと洗顔に関する正しい使い方のポイントをいくつか紹介します。

クレンジングオイルのポイント

1.アイメイクやリップなど落ちにくいメイクから落としていく。

2.クレンジング時間は30秒から1分程度。それ以上時間をかけない。

3.32℃程度のぬるま湯で洗い流す。

THREE・クレンジングオイルの使い方に関する記事もおすすめ!

⇒THREE・クレンジングオイルの効果とは?使い方と口コミまとめ!

洗顔のポイント

1.皮脂量の多いTゾーンやUゾーンから洗い、皮脂量の少ない目元・口元は最後に洗う。

2.しっかり泡立てて、泡をのせるくらいにしておく。こする必要はあまりない!

3.洗い流した後は、必ず清潔なタオルで水滴を吸わせ、すぐにスキンケアで保湿する。

いかがでしたか?

くれぐれも、クレンジングオイルと洗顔による入念な洗い方には注意してくださいね!

sponsored link