クレンジングオイルの全成分が表記されていないのは一体なぜ?

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

クレンジングオイルはもちろん、すべての化粧品において使用している界面活性剤など全成分をチェックしてから購入している人も少なくないでしょう。

しかし、なかには全成分の記載がないクレンジングオイルも存在します。

私自身、お客様から「なんで特定のクレンジングオイルだけ全成分の表記がないんですか?」なんてことをよく聞かれたものです。

そこで今回は、一部のクレンジングオイルで全成分が表記されていないのはなぜなのか?

今回の記事では、その理由について詳しくご紹介していきます。

sponsored link

DHC薬用ディープクレンジングオイルは成分非表示

全成分が非表示のクレンジングオイルがある!?

例えば、DHCを代表する「DHC薬用ディープクレンジングオイル」。

店頭にあるDHC薬用ディープクレンジングオイル

スペイン産のオリーブオイルを使用しており、肌に優しい使用感ながらメイクをしっかり落としてくれると人気のクレンジングオイルです。

ですが、このDHC薬用ディープクレンジングオイルの成分表をチェックしてみると、

パッケージの裏を見てみると・・・

「植物成分を厳選」

とアイキャッチ枠の天然成分記載はありますが、

全成分どころか表示がアピールポイントのみであいまいなんです!

口コミで肌にいいのはわかるけど、細かい成分が書かれていないなんて怪しい…そう思う人もいるかもしれませんね。

実は全成分表記をしなくてもいい化粧品がある

実は全成分表記をしなくてもいい化粧品がある

化粧品という枠を外して考えてみると、

私たちが日常的に口にする食材に関しては、全成分かならず表示されていますよね。

着色料なども詳しく表記されています。

実は、本来化粧品に関しても食品と同じなんです。

2001年より、化粧品は全成分を表示しなくてはならない決まりになりました。

しかし、なかには例外が存在します。

それが、「医薬部外品」なんです。

医薬部外品について

医薬部外品とは、薬事法で定められた基準をクリアしている化粧品や医薬品のことを言い、

全成分を提示した上で安全性や有効性が厚生労働省で認められています。

そして製造もきちんと許可されているので、全成分表示をする義務がないのです。

しかし、人によっては肌荒れを起こしたりアレルギーを起こす成分もあります。

そんな肌トラブルを招く可能性がある成分が配合されている場合は、「指定成分」として化粧品に記載しなくてはなりません。

その指定成分は実に140種類ほど存在するのですが、

指定成分の中には、医薬部外品中の「有効成分」と成り得るものも含まれています。

sponsored link

全成分を知りたい場合にはどうしたら良いのか?

DHC薬用ディープクレンジングオイルのように、

全成分の表記がなくてもやっぱり成分について知りたい!と思ったらどうすれば良いのでしょうか。

DHCのお客様相談センターに問い合わせたら教えてもらえるのかも…?

そう思う人もいるかもしれませんが、

電話で問い合わせても会社へ乗り込んでも全成分は教えてくれません!

ある人は、界面活性剤の有無についてDHCに問い合わせたようですが、

「合成界面活性剤ではなく安全性の高い界面活性剤を使っているので安心してください」と言われたようで、

その界面活性剤とはどういったものなのか?と問いただそうとしても教えてもらえなかったとか。

これはDHCに限った話ではなく、医薬部外品のアイテムで全成分開示を拒否するメーカーは存在します。

特定の成分が含有されているかを聞くことができる!

とはいえ、人によっては表示されていない成分の刺激で肌荒れを起こしてしまったり、ひどい時には皮膚科通いしてしまうほど相性が悪い成分ってありますよね。

そんな時はどうしたら良いのか?

実はDHC関係で勤めている友人にこっそり聞いてきました。

すると、特定の成分が含有されているかどうかを聞くことはできるそうです!

電話でも、直営店でも良いそうなのですが、

これこれの成分が入っているか教えてもらえますか?と聞くと、

有無に関してははっきりと答えてくれます。

「使ってみたいクレンジングオイルがあるけど、あの成分が入っているかどうか気になるな…」ということでしたら、

遠慮なく問い合わせてみたら良いでしょう。

医薬部外品だから全成分非表示とは限らない!

とはいえ、医薬部外品の化粧品がすべて全成分記載していないわけではありません!

話が戻りますが、「表示義務」がないだけで、表示するかどうかはメーカーの判断に委ねられているんですよ。

例えば、私が今パッと思い付いたメーカーでいうと、

フジフイルムのアスタリフトや、イプサなんかがそうですね。

医薬部外品でも全成分表示しています。

むしろ、医薬部外品でも全成分表示しているメーカーの方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、全成分表示していないから危険!というわけではなく、

きちんとしかるべき機関の審査をクリアしている点で安心感を持って良いのではないでしょうか。

不安要素は問い合わせてみよう

もしも、クレンジングオイルを買いたくても成分的なことが心配で躊躇している方がいるのなら、

迷いなくメーカーへ相談されると良いでしょう。

最近では、「オンラインアドバイザー」みたいなネーミングで、ネット上の美容コンサルタントが常駐しているメーカーも増えてきました。

特に、成分が絡んでくると口コミ評価だけで判断するのは危険です。

そして、クレンジングオイル使用することが初めての場合は、パッチテストを行うと安心です。

クレンジングオイルに限らず、今回の記事をご参考に、ぜひ安心・安全に化粧品を使用してくださいね。

sponsored link