クレンジングミルク基本の使い方

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

成分的にも界面活性剤の配合量が少なく、マイルドなクレンジング力で肌に対して低刺激なクレンジングミルク。

みずみずしい使用感で、アイテムによっては拭き取りOKなタイプもあるのでとても便利ですよね!

しかし、使い方一つで肌に強い刺激を与えかねません。

今回は、クレンジングミルクの基本の使い方をご紹介していきたいと思います。

洗い流しや拭き取りそれぞれのポイントも説明しますので、ぜひチェックしてくださいね。

sponsored link

クレンジングミルクが合う人・合わない人!

クレンジングミルクとの相性

突然ですが、あなたはクレンジング剤をどのような基準で選んでいますか?

「手早くしっかり落としたいからクレンジングオイルを使っている」

「肌への優しさ重視でクレンジングミルクを使っている」

…など、人それぞれで基準が異なりますよね!

しかし、ただ肌に優しいからクレンジングミルクを使う、みたいな考え方は少々間違っているかもしれません。

というのも、クレンジング剤は肌との相性だけではなく、メイクとの相性も重要だからなんです。

クレンジングミルクが合う人とは?

クレンジングミルクは肌に対する刺激も少なく、うるおいをきちんと残してくれるので、

皮脂量が少ない乾燥肌や敏感肌の人にぴったりのクレンジング剤です。

しかし、クレンジング力となれば話は別になってきます。

クレンジングミルクは、基材となる精製水と乳化剤となる油分によってメイクを落とす仕組みになっていますが、

冒頭でもお伝えしたように、界面活性剤の配合量が少ない分マイルドなクレンジング力になっています。

パウダリーファンデーションやBBクリーム、CCクリームのようなライトなベースメイクであれば問題なく落とすことができますが、


リキッドファンデーションやマスカラ、口紅といった、密着度が高く落ちにくいメイクは厳しいです。

この後にクレンジング方法を詳しくご紹介しますが、

いずれにしてもマスカラや口紅などのポイントメイクは、専用のポイントメイクリムーバーで落とす必要があります。

もっとも、乾燥肌や敏感肌の方でコテコテにメイクをしている人はごく少数だと思いますが、

マットなベースメイクをしている場合は、クレンジングオイルを使用すると良いでしょう。

sponsored link

クレンジングミルクの使い方をご紹介!

クレンジングミルクの使い方2タイプ

いよいよ本題です!

こちらでは、実際に私自身も美容の現場で実践してきたクレンジングミルクの使い方をご紹介します。

アイテムによって、拭き取りができるタイプや洗い流し専用のタイプとさまざまありますが、

ひとつずつご紹介するので、普段クレンジングミルクを使用している人もおさらいのつもりでチェックしてください。

※先ほどもお伝えしましたが、マスカラや口紅などのポイントメイクは専用のリムーバーであらかじめ落としておくこと!

洗い流すタイプの使い方

クレンジングミルクは必ず乾いた手、乾いた顔に使用します。

もし濡れている状態だとクレンジング力がさらに弱まってしまうので注意してくださいね。

クレンジングミルクの量は?

クレンジングミルクの量は、

プッシュタイプの容器で大体4プッシュ程度。

こればかりは製品によって異なりますが、顔全体になめらかに行き渡る量を取り出してください。

量を節約してしまうと摩擦によるダメージが懸念されるのでNG!

顔に塗布する前に手のひらでなじませて!

次に、手のひらに取り出したクレンジングミルクを、もう片方の手を使ってなじませます。

少し温めるイメージでなじませてください。

(クレンジングミルクを温めておくことで、ミルクの水分が蒸発して滑らかなオイル状に変化します。

あらかじめオイル状にすることで、スムーズにメイクオフすることができるんですよ!)

目元を除く顔全体に塗布しよう!

クレンジングミルクが手のひらで温まったら、目元を除く顔全体に塗布していきます。

先ほど温めていた効果で、なめらかなオイルがメイクをしっかり浮かせてくれます。

強くこすらなくても良いので、優しいタッチでメイクとミルクを馴染ませてくださいね。

目元のメイクを優しくオフしよう!

皮膚が薄く、デリケートな目元は一番最後に。

クレンジングミルクを少し多めに取っておくと、より摩擦を軽減することができます。

すでにマスカラやアイラインなどは落としていると思いますので、

クレンジングミルクが粘膜に入らないよう、アイホールと下まぶたを中心に優しくメイクオフしていきましょう。

32℃程度のぬるま湯で少しずつ洗い流す

そしていよいよ洗い流すのですが、

たっぷりのぬるま湯でじゃぶじゃぶ洗うよりも、たっぷりのぬるま湯で少しずつ丁寧に洗い流すようにしましょう。

クレンジングミルクに少しずつ水を与えることで、親油性から親水性に変わる再乳化が起きます。

出典: http://hadalove.jp/
出典: http://hadalove.jp/

この再乳化によって、オイル状のクレンジングミルクをさっぱりと洗い流すことができるんです!

拭き取るタイプの使い方

こちらはクレンジングミルクの他に、厚手のコットンを用意します。

洗い流すタイプ同様、乾いた手と顔に使用するようにしましょう。

代表的な製品としてはロゼットがあげれられますね。

⇒ロゼットクレンジングミルクを解析!洗わない洗顔のススメとは?

クレンジングミルクの量は?

こちらも洗い流すタイプと同じ。

クレンジングミルクの量はプッシュタイプの容器で大体4プッシュ程度で、

顔全体になめらかに行き渡る程度に取り出してください。

顔に塗布する前に手のひらでなじませて!

ここも洗い流すタイプと同様、

手のひらに取り出したクレンジングミルクを、もう片方の手を使ってなじませます。

目元を除く顔全体→目元の順番でメイクオフ!

クレンジングミルクが手のひらで温まったら、目元を除く顔全体→目元の順番で優しくメイクと馴染ませましょう。

馴染むのに少々時間がかかるかもしれませんが、それもクレンジングミルクの特徴です。

濡らしたコットンを使い目元→顔全体の順番で拭き取る!

次に、拭き取り用などの厚手のコットンに水をたっぷり含ませ、

目元からクレンジングミルクを拭き取っていきます。

この時、目頭から目尻という流れを必ず守ってください。

(外側から中央に向かってメイクオフしたら小じわの原因になることも!)

目元のクレンジングクリームを落とすことができたら、

次は顔全体のクレンジングクリームを拭き取っていきましょう。

この時も、内側から外側、下から上へという動作を意識してくださいね。

メイクオフ後は、洗顔料が必要な場合、そして必要ない場合がありますので、

アイテム別に対応するようにしましょう。

そんなクレンジングミルクで美容効果のあるものを、美容部員の私がランキングにすると以下のようになります!

⇒クレンジングミルクランキングTOP5!特徴&口コミのまとめ!

クレンジングミルクの使い方をマスターして美肌を取り戻そう!

いかがでしたか?

クレンジングミルクをすでに愛用している人でも、

今回ご紹介した方法を改めて意識してもらえたら、よりメイクオフがスムーズになるはずです。

特に拭き取りタイプだと保湿力がとても高いので、

季節の変わり目で肌が敏感なときや、湿度が急激に低下する冬場のメイクオフにぜひ活用してくださいね。

sponsored link

★こちらの関連記事もチェック★
マナラー厳選!クレンジングミルクランキングを大発表!