値段の安い毛穴パック 特徴・注意点・口コミまとめ!

こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

今回ご紹介するのは、値段の安い毛穴パックランキング!

毛穴パックにも、貼って剥がすタイプや洗い流すタイプなどさまざまなタイプが存在しますが、毛穴パックは値段もピンキリです。

できるだけお金をかけずに毛穴ケアがしたい!というひとにおすすめのアイテムばかりですので、

毛穴パックを購入前にぜひチェックしてみてくださいね。

sponsored link

値段の安い毛穴パック人気ランキング!注意点と口コミもご紹介!

値段の安い毛穴パック ランキング

今回ランク付けするのは「値段の安い」毛穴パックです。

紹介する毛穴パックの中には、使い方を誤ると皮膚そのものを損傷してしまうものがあるので、積極的にお勧めできない毛穴パックも含んでいます。

そのあたりの注意点や特徴、口コミもご紹介するので、参考にしてください。

値段の安い毛穴パック1位・ソフティモ ホワイトパック

ソフティモ ホワイトパック
出典:http://www.kosecosmeport.co.jp/
内容量・価格 10枚入り 500円
注目成分 トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸
添加物情報
アットコスメ評価 ★★★★★★☆ 6.0pt
アットコスメでも評価の高いソフティモのホワイトパック。

実は薬用化粧品の1つで、有効成分としてトコフェロール酢酸エステルとグリチルレチン酸が配合されています。

これは、肌を引き締めて毛穴を目立たなくさせる効果や抗菌効果、また肌荒れを緩和させて滑らかにする効果が期待できる成分です。

さらにオイルを配合していることで、角栓を緩める効果も!

こうした毛穴パックは硬くなった角栓を強制的に取り去るものなので、毛穴自体が傷ついたり角栓を取ったことにより広がりやすくなるケースが多いんです。

しかし、オイルによって角栓が緩めばこうしたリスクもある程度は抑えられるので、そこそこ安心ですね。

シート自体も柔らかく、空気を抜くスリットが入っているので、付け心地も良いのがポイントでしょう。

使用上の注意点

使用上の注意点としては、皮膚の損傷を軽減するためにもできるだけ毛穴を緩めておくことです。

毛穴パックを始める前に蒸しタオルを使ったり、湯船に浸かると良いでしょう。

またソフティモには、姉妹品として「温感黒ジェル」というものが販売されています。

これは小鼻用ですが、落ちにくい角栓をマッサージしながら効果的に緩めることができる洗い流し用のジェルです。

毛穴パックの前に行うことで、毛穴パックでの効果も高めてくれるとか。

使用後の皮膚の温度も上がるため、毛穴汚れが落ちやすくなりますよ。

口コミ


実はソフティモのホワイトパック、ここ1年でリニューアルしたので、クチコミのなかには「リニューアル前より効果がなくなった・・・」という声もあります。

しかし、ソフトな使い心地になった分肌に対しては優しくなったので、週1程度で取り入れて無理なく毛穴ケアを行いたいですね!

ちなみにこちらの記事では、プチプラでおなじみのソフティモのクレンジングについてご紹介しています!

ソフティモのクレンジングオイルおすすめ3種!成分や口コミまとめ
ソフティモ・クレンジングジェル3種の効果や口コミまとめ!

値段の安い毛穴パック2位・ビオレ 毛穴すっきりパック

内容量・価格 10枚入り 639円
注目成分 グリチルレチン酸ステアリル
添加物情報 無着色、無香料、無鉱物油、ノンアルコール
アットコスメ評価 ★★★☆☆☆☆ 3.7pt
貼って剥がすタイプの毛穴パックを代表する、ビオレの毛穴すっきりパック。

鼻に隙間なくフィットする裁断と粘着力で、毛穴の黒ずみや角栓を逃さずキャッチします。

ビオレの公式には、注目成分として「ひきしめ成分」と表示されているのですが、私が注目して欲しいと思う成分は「グリチルレチン酸ステアリル」。

これは薬用化粧品で有効成分としても良く配合されている成分なのですが、抗炎症や抗アレルギー作用を持っているのです。

グリチルレチン酸ステアリルが毛穴パックに使用されているのは珍しいケースなのですが、毛穴パックで生じる刺激を緩和させる効果に期待できそうですね。

使用上の注意点

粘着力で毛穴汚れを吸着するパックなので、毛穴汚れ以外にも健康な角質まで奪ってしまい、乾燥してしまう危険性があります。

高温多湿の環境下でパックを使ってしまうと剥がれやすいので効果が半減してしまいますが、できるかぎり1週間に1回を限度に使用しましょう。

口コミ

毛穴パックの中でもブランド力が強いビオレ。
その一方で… …という意見も。

毛穴パックをした後は角質層から水分が抜けやすくなっているため、十分な保湿を行わなければ翌日肌がカサつきやすい傾向があります。

しっかり保湿ケアをしてくださいね。

また、使っても効果が見られなかった!という方は、こちらの記事を参考に再度お試しください。

→鼻パックで角栓が取れないのはなぜ?原因と対策を徹底紹介!

sponsored link

値段の安い毛穴パック3位・ナリスアップ 毛穴すっきりパック

ナリスアップ 毛穴すっきりパック
出典: http://www.cosme.net/
内容量・価格 20g 700円
注目成分 卵の殻エキス、炭
添加物情報 無鉱物油オイル、無香料、無タール系色素
アットコスメ評価 ★★★☆☆☆☆ 3.0pt
先ほどのビオレと同じ名称の毛穴パックですが、こちらは塗って剥がすタイプの毛穴パック。

鼻以外にも、眉間やあごなど気になる場所に自由に使えるのが大きなメリットです。

注目成分の卵の殻エキスは、肌をケアしなめらかにする成分。

パック後の肌をなめらかに整えてくれます。

加えて注目成分の炭は、汚れを吸着する効果が期待できる成分です。

使用上の注意点

好きなパーツに自由に使える点がメリットでも、量の加減に注意しなくてはいけません。

特に、たっぷり塗りすぎるとパックが乾かないため効果が得られにくいのです。

また性質上、低温で取り出しにくいこともあるので、できるだけ暖かい部屋に置いてから使うようにするとよいでしょう。

おすすめはお風呂でのパックです。

お風呂で毛穴パックをするメリットを書いておきますのでよかったらご参考くださいね。

→オロナインの鼻パックはお風呂でやると効果的!その3つの理由とは?

口コミ

このように、剥がすときに刺激を感じにくいところや使い心地に満足している人が多いようです。

一方アットコスメでは、なかなか使いこなせなかったという意見もありました。

使用方法についてはパッケージに記載されていますが、きちんと使いこなせれば貼って剥がすタイプの毛穴パックよりも安全に使用できます。

ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか?

値段の安い毛穴パック番外編・ワセリン

ワセリン
出典:http://www.vaseline.jp/


毛穴パックなのにワセリン!?

そう思われたでしょうが、自宅でも常備している人が多いであろうワセリンも、毛穴パックが可能なのです。

(ちなみにワセリンは50gで300円前後…究極のプチプラコスメ!)

もちろん、ワセリンは皮膚を保護・保湿するための成分ですから、毛穴パックをするためだけに販売しているわけではありませんし、ワセリンそのものに毛穴汚れを吸着する効果はありません。

しかし、ワセリンが皮脂と混ざり合うことで角栓が柔らかくなり、その保湿効果でターンオーバーが促進されるため、毛穴の老廃物がたまりにくくなるのです。

剥がすタイプの毛穴パックに比べると効果を感じにくいかもしれませんが、お試しする価値はありそう。

sponsored link

毛穴パックは値段の安さだけで決めて大丈夫?おすすめの選び方は!

毛穴パックは値段の安さだけで決めて大丈夫?おすすめの選び方は!

さて、ここまでは値段の安い毛穴パックについてご紹介してきましたが、毛穴のお手入れ自体リスクを伴うので用心しなくてはいけません。

もちろん値段が効果に比例するわけではありませんし、むしろ安い毛穴パックでも角栓がごっそり取れるので効果は否定できません。

ただし、毛穴パックを選ぶ際は値段で決めるのではなく「肌に対して刺激の少ない」ものを優先して選ぶようにしましょう。

こちらの記事では、タイプ別の毛穴パックについて詳しくまとめています。

それぞれの安全性も比較していますので、ぜひご覧くださいね。

→「顔の毛穴汚れはパックで解消できる?安全性・特徴の比較まとめ!

矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる