鼻パックの正しい使い方は?タイミングとやり方の時間のコツは?

鼻パックの正しい使用法とビオレの鼻パックのイメージ




こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



メンズ専用のピーリングジェルや鼻パックも販売されているほど、



鼻の毛穴の黒ずみに悩む人は老若男女問わず多いでしょう。



シートタイプの鼻パックもビオレ「毛穴すっきりパック」を代表に、各メーカーから数多く発売されていますね。



ただし、鼻パックの使い方を間違ってしまうことで、鼻の黒ずみは解消できないどころか取り返しつかないくらい肌を傷つけることになりかねません。



そこで今回の記事では、鼻パックの正しい使い方や注意点、効果的な黒ずみケアをまとめてご紹介できたらと思います。




スポンサーリンク




鼻パックのタイミングや時間・頻度!やり方を誤るとどうなる?




鼻パックの目的は、主に毛穴に詰まった角栓や黒ずみを除去することですよね。



ですが、肌の表面にこびりついている古い角質を取り除くだけでも肌に負荷を与えますし、



毛穴の奥の汚れを落とすのも、毛穴を緩める必要があります。



一見簡単に見える鼻の黒ずみケアに見えますが、



使い方を一歩でも間違ってしまうと肌や毛穴が傷ついて、黒ずみ以上のトラブルを招きかねません。



特に注意して欲しいのが、タイミングと時間、そして頻度です。



そこで、それぞれのやり方を間違えるとどのような悪影響があるのか?



以下にまとめたので、しっかり目を通しておいてくださいね。



タイミングを誤るとどうなる?




特にシートタイプの鼻パックを使用する場合、



毛穴に詰まった角栓を粘着力によって強制的に取り除きますよね。



ですが、角栓がごっそり抜けることで毛穴の奥が押し広がってしまいます。



すると毛穴が大きく開いてしまい、皮脂やメラニン、老廃物が溜まりやすくなってしまい、



再び角栓が詰まって毛穴トラブルに見舞われてしまいます。



このスパイラルによってニキビができてしまうことも。



鼻パックをする際は、あらかじめ毛穴を緩める、開くという事前ケアを経て行うことが正しいタイミングと言えるでしょう。



スポンサーリンク




パック時間が長めになるとどうなる?




鼻に限らず、パックをしていて表面が乾いてしまったという経験はありませんか?



パックは湿度が残った状態で洗い流す、もしくは剥がすのが基本です。



例えばクレイパックなどの洗い流すタイプのパックを使用した場合、



表面がカピカピに乾いてしまうくらいまで放置してしまうと、落とすときに苦労してしまいます。



ついゴシゴシ擦り、肌表面や毛穴そのものを傷つけてしまう。



その結果、黒ずみはますます落ちにくくなってしまう結果に…!




またシートタイプのパックを使用した場合、



特に鼻パックは粘着力が強いので、乾けば乾くほど剥がしにくくなります。



剥がすときに痛みを伴うほど苦戦してしまうと、当然肌が傷ついてしまいますよね。



このように、鼻パックは放置しすぎない、乾く前に洗い流す・剥がすのが基本です。



頻度が多いとどうなる?




たった1回の毛穴ケアや、古い角質を取り除くピーリングケアでも、



肌に負荷を与えてしまうのは当然のこと。



基本的には週1回の頻度で使用します。



私が接客したお客様の中にも、毛穴汚れがひどいからつい週3くらいでスクラブ洗顔してしまう…そんな方がいらっしゃいましたが、



実際に肌を拝見させていただいたところ、部分的にひどく乾燥していましたし、



話を伺うと洗顔時やスキンケア時に赤く炎症してしまう、またヒリヒリしてしまうともおっしゃっていました。



これは間違い無く肌が傷ついて敏感になっている状態です。



この方のように乾燥の自覚がない人が意外と多いんです(乾燥していても毛穴汚れは発生するため)。



まずはお肌をじっくり観察してみましょう。



ただしインナードライの肌など、見た目は普通でも実は乾燥していることもあるので注意が必要です。



この場合刺激の強い鼻パックは無理なので、毛穴ケアを得意としているエステサロンに行ってみるのも良いかもしれません。



体験コースなどは格安の料金ですし、お肌のチェックやスキンケアのアドバイスもしてもらえて、今後のセルフケアも楽になると思います。



詳しくはこちらの記事をご覧ください。⇒鼻の毛穴の黒ずみを除去できるおすすめエステランキング2018!



いくら毛穴汚れが気になっても、頻度を増やせばいいというのは間違いなのです。



鼻パックはどのタイミングで使うべき?やり方の時間に注意して!




鼻パックを正しく使う4つのポイントのイメージ




それではここで、鼻パックの正しい使用方法をご紹介します。



シートパック、洗い流すパックそれぞれに共通するポイントも挿入していますので、



ぜひ参考になればと思います。



いつも通りの洗顔で肌表面の汚れを取り除く。




肌が乾燥しやすい場合も、洗顔料は必ず使用して下さい。



保湿成分が含まれている洗顔石鹸がおすすめです。



逆に脂性肌タイプの場合は、極力無添加で泡立ちの良い洗顔石鹸を使用すること。



洗顔の順番は、皮脂量の多いTゾーンやUゾーンから。



肌が乾かないうちに蒸しタオルで毛穴を緩める。




高温多湿の環境は、毛穴を緩めて開かせるという効果があります。



毛穴の奥に詰まっている角栓や皮脂汚れも落ちやすくなります。



パックをする。




シートパックの場合は必ず濡らしてから使うこと。



そしてクレイパックのように洗い流すタイプのパックは、たっぷりめに塗るくらいがちょうど良いです。



放置時間はそれぞれのアイテムによる部分もありますが、



シートパックの場合は目安時間以内であっても乾く前に必ず剥がし、



洗い流すパックも乾きそうになったら継ぎ足すか、そのタイミングで洗い流しましょう。



通常通りのスキンケアでしっかり保湿する。




乾燥肌の人はもちろん、脂性肌の人も保湿ケアはしっかり行いたいもの。



しかし、乳液やクリームのつけすぎが毛穴詰まりを引き起こす場合もあるので、



適量を守ってスキンケアを行いましょう。



鼻の黒ずみサヨナラ!毛穴パック以外の効果的な方法とは?




鼻の黒ずみは、毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れ、老廃物が酸化することで目立ってしまう!



…そう思われがちですが、メラニンによって毛穴そのものが黒ずんでしまう場合もあります。



つまり、毛穴の黒ずみ対策には鼻パックやピーリングケアに加えてホワイトニングも効果的な方法です。



そこで、美白に有効な成分について少しだけご紹介しますね。



ビタミンC誘導体




水溶性のビタミンCを肌に浸透させやすいように誘導体化させた成分を、ビタミンC誘導体と言います。



医薬部外品の化粧品に「美白有効成分」として配合されていることが多いですね。



ビタミンCには、黒ずみの原因となるメラニンの生成抑制・還元・排出促進の効果があります。



さらに毛穴をふっくらとさせて目立たなくするコラーゲンの生成をサポートしたり、



毛穴をキュッと引き締める効果があるので、理想的な皮脂コントロールも可能です。



肌老化の原因となる活性酸素も除去してくれる、まさにミラクルな成分。



ただし、乾燥しやすいという性質を持っているので保湿ケアは入念に。



αアルブチン




こちらの成分も、医薬部外品の化粧品に「美白有効成分」として配合されているもの。



黒ずみの元となるメラニン色素。



このメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する効果があるので、



黒ずみを予防するための有効な美白成分なんです。



ただし、すでにできてしまった黒ずみやシミを同時にケアする場合は、



先ほどのビタミンC誘導体やハイドロキノンといった成分を配合した化粧品を組み合わせて下さい。



また、いずれの成分もターンオーバーを促進してあげることを忘れずに。



sponsored link




鼻パックのタイミングや時間、頻度の正しい使い方で汚れをクリアにしよう!




鼻パックの頻度について意識させる時計のイメージ




鼻パックの正しい使い方を必ず守って、肌そのものの健康を失わないようにしましょう。



また、鼻パック自体が日常ケアではなくスペシャルケアになるので、



毛穴が気になって仕方ない人は毛穴ラインのスキンケアアイテムを使用したり、



食生活においても糖質や脂質の摂りすぎに気をつけましょう。




今できている黒ずみを消すのでは無く、予防することも非常に大切ですよ!



それでもできてしまった黒ずみを除去したくて鼻パックを使用する場合には、今回の記事でおすすめした正しい使い方を是非守ってくださいね。


コメントを残す

ページの先頭へ