肌のエイジングケアは何歳から始めるべき?基本知識と対策

こんにちは、美容アドバイザーなつきです。



お肌のエイジングケア、そろそろ始めなきゃ…と思っているものの何歳から始めるべきなのかお悩みではありませんか?



そんなあなたに、お肌のエイジングケアの基本知識や始める年齢、そして「早すぎると肌が怠ける?」といった疑問についてお伝えしていきます。



肌のエイジングケアの基本知識




そもそもエイジングケアって?




エイジングケアとは、「加齢をケア」することを指します。加齢とともにやってくる老化現象に対して、予防を行うといった意味合いが大きいですね。



お肌のアンチエイジングの基本は乾燥対策!




お肌の老化と言われる現象は、乾燥が原因であることが多いです。



20歳を超えるあたりから女性ホルモンが低下するため肌の保護機能が弱まり、水分が蒸発しやすく乾燥しがちになると言われています。



乾燥によって小じわや、たるみ、たるみにより毛穴が大きくなるという女性には大変耳の痛い現象が引き起こされます。



私自身も20代後半あたりから、10代の頃は気にならなかった乾燥に悩まされるようになりました。



今までは乳液を塗るのをつい忘れてしまっても、なんともなかったのです。



今では乳液を塗り忘れた日は頬のあたりなど粉ふきが凄いです・・・。



さらに気付けば今まで見たこともない小じわを発見!これ、結構落ち込みますよね。



これら乾燥を防ぐには、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分の入った化粧品を使い入念な保湿を行うことが有効です。



特に乾燥が気になる方は保湿クリームなどをケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。プチプラでも効果の高い商品がたくさんありますので、試してみて下さい。



⇒エイジングケア用保湿クリームをプチプラで!人気商品口コミ!



お肌の曲がり角に差し掛かったら、これまで以上に丁寧な保湿ケアが命運を分けると言っても過言ではなさそうです。



保湿以外には紫外線対策や、食事・睡眠が大切




先ほどご紹介した保湿以外には、紫外線対策などが挙げられます。紫外線はシミやそばかすを引き起こすだけでなく、なんと乾燥肌の原因にもなるのです。



私も若い頃は海やバーベキューなどのアウトドアイベントでも、うっかり日焼なんて事もありましたが今は絶対に日焼けしないように腕や脚だけでなく首筋や手の甲までも気を付け塗るようにしています。



またお肌を作る元となる良質なたんぱく質を充分に取ったり、ストレスを貯めないよう充分な睡眠を取る事も加齢対策には重要です。



肌のエイジングケアは何歳から始める?




エイジングケアを始めるのに適切な年齢とは




冒頭でもお伝えしました通り、エイジングケア=老化の予防ですので始めるのに適切な時期はなく、むしろいつでもOKとなります。



エイジングケアを始めるきっかけについて、こちらの記事でも紹介しています。20代前半・後半に関わらず、特に乾燥が気になってきたら切り替えの時期かもしれません。



⇒20代のエイジングケアをプチプラで!おすすめ保湿クリーム3選!



善は急げとも言いますがエイジングケアは早すぎても問題なし、思い立ったら始めてみてはいかがでしょうか。



エイジングサインとは




しかし一方で30歳前後といったエイジングサインが目立ち始める辺りに始めることも一つの目安でしょう。



いつかエイジングケアを始めよう~と思っていたら、手遅れだった!なんて事にならないためも日頃から自分のお肌の状態をチェックすることは大切です。



お肌をチェックしてこんな変化があったら、そろそろエイジングケアを始めるサインかもしれません。



  • 毛穴が目立つようになってきた
  • ほうれい線やシワが気になってきた
  • たるみ(頬など)が目立つようになってきた
  • 肌が乾燥して化粧ノリが悪くなってきた
  • 化粧水が中々浸透しない
  • シミが増えてきた



  • 以上のような点が気に始めたら、ぜひ手遅れになる前にエイジングケアを始めてみてはいかがでしょうか。



    肌のエイジングケアは早すぎると肌が怠ける!?




    早すぎるエイジングケアは逆効果なの?




    将来も美しくありたいと気持ちが故に、極端に早い年齢からエイジイングケアラインの化粧品も使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。



    「若いうちからお肌を甘やかしちゃダメよ!」という先輩方からのアドバイスを受けたこともあるかもしれません。



    果たして早いうちからのエイジングケアは本当に、肌を怠けさせ甘やかすことに繋がるのでしょうか。



    アンチエイジング化粧品の対象年齢から考えてみる




    度々お伝えしているように、アンチエイジング=老化の予防のため早すぎるに越したことはありません。



    しかし一方で、アンチエイジング化粧品の対象年齢は30歳以降~となっています。



    そのため10代・20代向けの商品よりも、やや高めの値段設定であることが多い為早すぎるエイジングケアはお財布には厳しいといった考え方もありますね。



    また肌の状態は女性ホルモンの数とも大きく関係しています。



    20代~30代あたりから女性ホルモンは減少すると言われているため10代からエイジングケア商品を購入するのは少々勿体ないのかもしれません。



    私も本格的にエイジングケアを意識してスキンケアを始めたのは20代中盤あたりからです。



    まずは手軽に始められる値段の、無印良品のエイジングケアシリーズを使用してみましたね。



    無印良品からはエイジングケア向けのヘアケアラインも出ていますので、合わせて使ってみるのがおススメです。こちらの記事でエイジングケアシャンプーについて詳しくご紹介しています。



    ⇒エイジングケアシャンプーとは?市販のおすすめ商品と口コミまとめ!



    他の化粧品よりも乾燥しずらくなった事を覚えています。



    お肌の状態は人それぞれ違うものなので、各個人のお肌のセルフチェックに応じてアンチエイジングケアを始めていくことが大切ですね。


    コメントを残す

    ページの先頭へ