ダイソーにクレンジングオイルはある?4つの商品の効果を比較!

みなさんこんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。

私自身もよく利用している美容系口コミサイトや美容雑誌では、

最近100均コスメの特集が組み込まれることが多く、

「100均コスメも品質がいい!」という認識が広まりつつあると実感している毎日です。

しかし、クレンジングオイルはどうでしょうか?

メイク落ちは良いのか?そもそも肌に優しいのか…?

今回は、100均でおなじみのダイソーが販売しているコスメの中からクレンジングアイテム4種の実態についてご紹介します!

sponsored link

100均ダイソーのクレンジングオイルについて

ダイソーのクレンジングオイルについて知りたい!

ダイソーは昔から化粧水やコスメ商品などを扱ってきましたが、

美容雑誌や美容サイトなどでフォーカスされるようになったのはここ数年の話。

情報化社会になるにつれて、その口コミ力でダイソーなどの100均コスメも注目を集めるようになりました。

これも時代の流れかもしれませんね。

私が担当したお客様の中にも、ブランドコスメと100均コスメを上手に使い分けている方がいらっしゃいましたし、

神田うのさんでさえ100均のネイルを持ち歩いているというから本当に驚きです!

ダイソーで長らく人気のコスメといえば、保湿やクレンジングなどマルチに使えるベビーオイルや、

スポンジ類のメンテナンスに便利なスポンジクリーナー、

最近では「鼻が高く見える!」と評判の鼻テカパウダーも注目を集めています。

さて、クレンジングオイルについては一体どうなのでしょうか?

ダイソーでもクレンジングオイルは販売されています。


オイルのほかにも、ダイソーのクレンジング剤としては主に下記の4つが該当します。
  • クレンジングウォーター
  • クレンジングシート
  • ナチュラルベビーオイル
  • クレンジングジェル
  • それでは、上記クレンジング4アイテムの詳細についてご紹介していきます。

    ダイソーのクレンジングウォーターとは?

    ダイソーのクレンジング ・クレンジングウォーター ・クレンジングシート ・ナチュラルベビーオイル

    クリアなボトルのクレンジングウォーター。

    こちらも随分前から販売されている、ダイソーを代表するクレンジング剤です。

    ネットでの口コミも比較的評判が高く、

    クレンジング力の強さやサラサラした感触が人気のようです。

    実は、クレンジングウォーターはオイルよりもクレンジング力が高いと言われているのをご存知ですか?

    通常クレンジング剤は、オイルと界面活性剤によって構成されているのですが、

    クレンジングウォーターの場合は水溶性であり油分を含んでいないため、

    ほぼ界面活性剤による作用でメイクを落とす仕組みになっているのです。

    そのクレンジング力や低コストでの大量生産を保つために、合成界面活性剤が使われていることがほとんどで、

    メイク落ちに優れている反面、肌に必要な油分までをも奪ってしまい、

    急激な乾燥や肌荒れを招く危険性もあります。

    有名な美容アドバイザー、佐伯チズさんがオイルクレンジングを「老いるクレンジング」と揶揄される以上の威力ですから相当な負荷がかかるわけです。

    国のほうでもお肌の負担を考えて、消費者に注意事項として訴える文言を変えるように改訂があったほど。

    ⇒化粧品等の使用上の注意の改訂について – 厚生労働省

    というわけでクレンジングウォーターは乾燥肌や敏感肌、またホルモンバランスの乱れやストレスで一時的に肌質が揺らいでいる人にはおすすめできません。

    しかしながら、口コミの情報を見ると手についたメイクを落とすためだけに使用する人や、メイク直し、耳掃除の時に使用している人などもいて、

    必ずしもクレンジングを顔のメイク落としにだけ使っているわけではないようです。

    顔に使うのは勇気がない…そんな人は、部分用として購入するのもよいでしょう。

    サラサラしたテクスチャーが魅力!

    こちらのクレンジングウォーターは、化粧水のようにサラサラしたテクスチャーなので、

    クレンジング時の油膜感が苦手な人にもおすすめと言えるでしょう。

    また、ウォータープルーフなどの強力なメイクもしっかり落ちると評判です。

    もし使われるのでしたら、正しい乳化のさせ方で肌のダメージを最小限にしておきましょう。

    ⇒クレンジングオイルで乳化しない?正しいやり方とコツを伝授!

    sponsored link

    ダイソーのメイク落としシートとは?

    次にご紹介するのはダイソーのクレンジングシート。

    100円という安さなのにシートが35枚というボリューム!

    パチっと閉まるプラスチックの蓋まで付いているので、シートが乾燥しません。

    外出先でのメイク落としや、クレンジングが面倒な時にシートタイプは便利ですよね。

    こちらのクレンジングシートにはビタミンCが含まれており、


    肌表面の古い角質を取り除いて、くすみをクリアにする効果が期待できます。

    またグレープフルーツエキスを配合しているので、

    爽やかな香りに包まれながらメイクを落とすことができるんです。

    サンリオシリーズとのコラボ製品のクレンジングシートの動画レビューをyoutubeで見るならこちら!


    とはいえ、これはダイソーであること、100均コスメであること以前に、

    クレンジングシートは肌への摩擦で強い刺激を与えてしまうというデメリットがあります。

    肌表面の健康な角質まで剥がれてしまったり、メイクや皮脂が毛穴に入り込んでしまうこともあるので、


    できることならクレンジングシートはおすすめしたくありません。

    クレンジングシートが硬め?

    こちらの商品のクレンジングシートは、1枚が薄く硬めなのが印象的です。

    口コミでは、シートで強くこすらないとメイクが落ちないから肌がヒリヒリしてしまうという投稿が何件か見受けられました。

    大判だからボディ用日焼け止め落としにも!

    しかし、こちらのクレンジングシートは1枚が結構大きいんです。

    顔に使う際はまず半分に折って、

    表・裏でポイントメイクを落としていき、

    さらに裏返してベースメイクを落とす、という方法もありです。

    また、ボディ用の日焼け止め落としとして購入するのもいいですね。

    常用するのではなく、持ち歩いてメイクを治す時だけ部分的に使ってみる…という方法でもいいです。

    ダイソーのナチュラルベビーオイルとは?

    次はベビーオイルです。

    こちらはメイク落としとして販売されているわけではありませんが、

    最近ではベビーオイルや植物性オイルでメイクを落とす方法も流行っており、


    こちらダイソーのナチュラルベビーオイルも注目を集めているんです。

    見た目は、ジョンソンエンドジョンソンに似ていますね!

    有名なクレンジング剤にも使われているアボカド油やオリーブ油、サフラワー油を配合しており、

    しっとりとした使用感が特徴です。

    また整肌効果のあるスクワランも配合されているので、肌をなめらかにしてくれますよ。

    ダイソーコスメの中でも評価の高いアイテムで、

    赤ちゃんはもちろん大人の人でも使えるベビーオイルです。

    メイクはよく落ちる!

    ナチュラルベビーオイルでクレンジングをしている人も一定数おり、

    そのクレンジング力は申し分ないとか。

    ただし、界面活性剤が入っていない分ホコリや皮脂などをオフしきれないので、

    ダブル洗顔は必須です。

    全身どこへでも使える!

    ナチュラルベビーオイルの用途は実に様々。
  • 全身用の保湿オイルとして
  • スキンケアの最後の保湿オイルとして
  • フェイス用のマッサージオイルとして
  • ひじやかかとの角質ケアとして
  • 入浴後のヘアオイルとして
  • …など、ベビーオイルはクレンジング以外にも活躍します!

    このオイルはもともとは赤ちゃん用に作られているとあって、

    デリケートな肌にも安心して使用できますよね。

    sponsored link

    ダイソーのクレンジングジェルもチェック!

    最後にメイク落としジェルのピュアクレンジングジェルも見てみましょう。


    ピンクのパッケージの商品です。

    濡れた手でも使えるジェルタイプで、お風呂の中でも扱いやすいので便利ですね。

    W洗顔不要で使用感に満足を感じている人も多い商品ですが、肌質や肌の状態によってはつっぱることもあるので、少しずつ使ってみましょう。

    ダイソーのクレンジングは危険?

    ダイソーといえば、数ヶ月前に人気アイテムであったマニキュア・エスポルールネイルの全商品を回収する騒動がありましたよね。

    その理由はホルムアルデヒドの検出。

    「ダイソーの商品148商品のうち76商品でホルムアルデヒドが検出された」ということで、検出されていないアイテムを含め全てを回収したんです。

    ホルムアルデヒドは発がん物質の一つとして知られていますが、

    もしかしてダイソーのクレンジング商品も危険なのでは…?と思われるかもしれません。

    とはいえ、ホルムアルデヒド自体塗料から発せられるものなので、クレンジングには全く関係ありません。

    また、同じく数ヶ月前にダイソーが化粧品13商品を回収、販売停止したこともありましたが、

    こちらは成分の誤表記が原因。

    とはいえ色味の表記を誤っただけということなので、


    化粧品基準を満たしており、品質には問題がないことがわかっています。

    今のところはダイソークレンジングに関する問題も指摘されていませんが、

    神経質な方は使用を控えたほうが良いかもしれませんね。

    もしナチュラルな植物成分にこだわるのであればココナッツやキャリアオイルがおすすめですので、ご興味ある方はこちらの情報も参考になさってくださいね。

    ⇒ココナッツオイルで作るクレンジング!重曹を使った作り方とは?

    ⇒キャリアオイルでクレンジングする方法は?効果やレシピまとめ!