クレンジング不要のBBクリームは危険って本当!?


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



私が店頭に立って、クレンジングや洗顔に関するお悩みを日々たくさん聞いている中で、



近年増えてきたのが「BBクリームやCCクリームはクレンジングしなくても大丈夫?」という質問。



たしかに、最近は洗顔料や石鹸で落ちると書かれたBBクリームや、お湯や水で落ちるものなど、クレンジング不要の下地やベースメイク化粧品が販売されているので気になりますよね!



そこで今回は、BBクリームにクレンジングは不要なのか?



メイクは洗顔だけで落ちるのか?という部分に焦点を当てながら、クレンジングの必要性についてご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク




BBクリームは肌に優しいからクレンジング不要?




クレンジング不要のBBクリームも必ずクレンジングしよう!


ここ数年ではお肌に優しいファンデーションも控えめなナチュラルメイクやオルチャンメイクが流行しているので、



パウダリーファンデーションよりもミネラルファンデのようなリキッドやBBクリームなどのベースメイクに注目が集まっています。



なかでも、BBクリームやCCクリームはカバー力もありつつ美容効果も期待できるので、



メイクしながら肌をいたわりたい人にとって、BBクリームやCCクリームはお肌のケアもできる美容の救世主のような存在に見えるかもしれません。




あなた自身は、美容クリームとも言われるBBクリームにどのようなイメージをお持ちですか?



「BBクリームやCCクリームは薄づきだし、洗顔料だけで十分メイクが落ちる!」



そんな風に思っている人は意外にも多いんです。



でも、クレンジング不要のBBクリームであっても洗顔だけでなく必ずクレンジングしていただきたいんです!



スポンサーリンク




BBクリームの配合成分を知ろう!




BBクリームの配合成分を知ろう!


リキッドファンデーションやBBクリーム、CCクリームに対する印象をざっと分けてみると、



  • リキッドファンデーション…色むらをなくし肌色を補正する

  • BBクリーム…肌ダメージをカバーしながら肌色を補正する

  • CCクリーム…肌色補正機能が備わった日中用美容クリーム




  • といった感じですね。



    以下の動画で、素肌の肌色がしっかりとカバーされていくBBクリームの効果を確認することができます。







    BBクリームやCCクリームよりも、リキッドファンデーションの方が顔料や油分が多そう!何て思われがちなのですが、



    実は3種類とも配合している成分に大きな違いはありません。



    ファンデーション以上に合成成分が多い!気になる毒性は?




    BBクリームにもCCクリームにも、顔料や油分は配合されていますし、



    軽いタッチを実現させるために多量のシリコンが使われていることもあるので、



    ファンデーション以上に合成の添加物が含まれているんです!



    UVケアもできるクリームの場合は紫外線吸収剤なんかもそうですね。



    必要以上の量が入っていることもめずらしくありません。



    また余談になりますが、



    BBクリームやCCクリームにはファンデーションと比べて美容液が豊富に含まれているというアイテムも非常に多いですよね。



    でも、限られた容器で美容液が配合できる量は決まっています。



    美容液の種類が豊富でも、それぞれの配合量は非常に少ないので、満足できるほどの美肌効果があるのかどうか…。



    美容液が占める割合を考えたら、



    カバー力の高いリキッドファンデーションであっても、ミネラルファンデやBBクリームであっても効果は大差ないんです。



    低刺激のBBクリームでも洗顔だけでは落ちない!毛穴詰まりの原因にも!




    一部では無添加を売りにしているクリームタイプのBBクリームも発売されていますが、それでも着色に必要な油剤は必ず含まれています。



    クレンジングは皮脂やメイクなどの油性汚れを落とし、洗顔料は汗やほこりなどの水性汚れを落としますよね。



    ということは、無添加のBBクリームやミネラルファンデであってもメイクをクレンジングをせず石鹸や洗顔料だけで落とすのはリスキーなんです!



    特にシリコンは物にもよるようですが、毛穴に詰まる場合があるとも言われており、クレンジング剤を使って落とした方が良いでしょう。



    もし毛穴に詰まってしまうと黒ずみや角栓の一因となるのですが、シリコンは使用感を良くするなどのメリットもあり、スキンケアからメイクまで非常に多くの化粧品に配合されています。



    そのため、利点もあるシリコンを避けて化粧品を選ぶより、いっそのこと毛穴に汚れが溜まりにくくなる脱毛をする、というのも一つの方法かもしれませんね。



    ただ脱毛は自分で行うよりサロンでプロのエステティシャンにお任せするほうが安全で、肌へのダメージも少なくなります(人気の脱毛サロンについてはこちらから⇒脱毛サロンの人気おすすめランキング2018)。



    もちろん、脱毛したとしても洗顔のみでOKというわけではなく、クレンジングは必要ですよ。



    洗顔だけで落ちる!という謳い文句のBBクリームも、場合によって落ちないことがあるのでクレンジング剤でしっかりメイクを落としましょう。



    その中でも新ジャンルでおすすめなのが、ホットクレンジングと言われる温感効果の得られるタイプ。美容部員の知見でランキングにしましたのでチェックしておいてくださいね。



    ⇒ホットクレンジングジェルの人気ランキング!現役美容部員厳選!



    BBクリームにおすすめのクレンジング剤とは?




    とはいえ、脱脂力成分や洗浄力成分の強いクレンジング剤でBBクリームを落としてしまうのは、



    肌に必要な皮脂まで奪われてしまうので避けたいもの。



    そこでおすすめしたいのはクレンジングジェル・ミルク・クリームです!



    それぞれ異なる特徴を持っているのですが、共通しているのは…




  • マイルドな使用感

  • 皮脂を残すので肌のうるおいを逃さない

  • 厚みがあって肌に対する摩擦を軽減できる




  • という点です。



    それでは、タイプ別でおすすめしたいBBクリーム向けのクレンジング剤をご紹介しますね!



    【クレンジングジェル】マナラホットクレンジングゲル/マナラ




    先ほども軽く触れたのですが、



    いくらBBクリームに美容液がたくさん入っていても、それぞれの美容液成分配合量が少なければ満足いく美容効果が現れにくいんです。



    美容液に期待するなら、その美容液成分が全体でどれだけ多くの割合を占めているか?ここに注目していただきたいんです。



    そういう意味では、マナラホットクレンジングゲルはクレンジング剤として非常に優秀なアイテムで、



    美容液成分が94.4%も配合しているんです!



    はじめはジェルの粘性が高いのですが、手のひらでしっかり馴染ませれば徐々に柔らかくなっていきます。



    液だれしにくいほどジェルに厚みがあるので、摩擦による肌ダメージを防ぐこともできます。



    公式サイトにもある通り、ぽかぽかする温感効果があるのでクレンジング中もとても気持ちいいですし、メイク落としの為にダブル洗顔が不要なのも嬉しいですね!






    必要以上の洗顔を避け、肌に必要なうるおいをしっかり残してくれます。



    ★マナラホットクレンジングゲルはW洗顔不要!その理由とは?★



    【クレンジングミルク】カウブランド無添加メイク落としミルク/カウブランド




    低刺激で添加物成分の少ないクレンジングミルク。



    敏感肌の方でも肌に負担をかけることなく優しくメイクオフしますし、



    肌の水分力を保持する細胞間脂質に似た働きを持つ成分であるセラミドを配合しているので、



    敏感肌、乾燥肌やインナードライ肌のケアにもおすすめ!



    テクスチャーもまろやかなので、肌の摩擦を避けながらクレンジングミルクが肌全体とメイクに馴染んでいきますよ。



    皮膚アレルギーテストにもクリアしているので、敏感肌やデリケートな肌にも使えるクリームタイプのクレンジングです。






    このようにBBクリームのような薄付きのメイクにピッタリです。



    ★マツエクに優しいクレンジングミルクのおすすめランキング5選!★



    【クレンジングクリーム】クレンジングコールドクリーム/ポンズ




    こちらのクレンジングクリームは拭き取りタイプになっているので、



    メイクオフ後もしっとりさが長持ちします。




    また乳化がスムーズなので、クリームをメイクに軽くなじませるだけでサッと化粧品の成分をオフすることができます。



    BBクリームのようなライトなメイクから、がっつりメイクまでしっかり落ちるクレンジング力が魅力!



    クレンジングミルクやジェルに比べるとどうしてもこっくりした使用感になってしまいますが、



    その分界面活性剤の配合量も少ないので、メイクを落とす為のクレンジングで肌や毛穴に与えるストレスも最小限に抑えることができますよ。






    メイクが瞬時に落ちる!というわけではありませんが、



    マッサージしながら使えるので美容効果も大いに期待できますね!



    ★ポンズのクレンジングクリームの口コミや効果は?4種類をご紹介!★



    sponsored link




    石鹸オフではなくクレンジング剤でBBクリームを落とそう!




    いかがでしたか?



    洗顔だけだとBBクリームの成分が肌に残ってしまい、



    次第に酸化して肌荒れや毛穴トラブルを起こす可能性もあるので、



    BBクリームには洗顔だけでなくクレンジングがマスト!




    今回ご紹介したおすすめクレンジング剤もぜひチェックしてみてくださいね。



    矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる