うる落ち水クレンジングでのマツエクのメイクオフのコツ!




こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



マンダムから発売されている、ビフェスタ・うる落ち水クレンジング。



プチプラクレンジングでありながら、化粧水のようなみずみずしいテクスチャーで高い保湿力とクレンジング力を持っているとクチコミでも話題の美容アイテムですよね!



一部では「マツエクにも使用できる!」と紹介している美容サイトもあるのですが、実際のところ効果はどうなのでしょうか?



今回は、うる落ち水クレンジングがマツエクに使えるのかどうかを検証!



さらに、洗顔せずにアイメイクをきれいに落とすコツもまとめましたのでぜひご覧下さい。





スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





化粧水ベースのうる落ち水クレンジングはマツエクでも安心して使える?




うる落ち水クレンジングはマツエクでも安心して使える?




さっそく本題に入りますが、ビフェスタのうる落ち水クレンジングはまつげエクステにも対応しているのでしょうか?



答えは、イエスでありノーでもあります。
 


というのも、うる落ち水クレンジングにはいろんな種類があるんです。



まずは下記をご覧ください。



ビフェスタのうる落ち水クレンジングの商品ラインナップ
出典: http://www.bifesta.jp




このようにうる落ち水クレンジングには、



  • ローションタイプ

  • シートタイプ

  • 部分用クレンジング

  • 乳液タイプ



  • 以上の4種類で展開しています。



    リキッドクレンジングということでオイルは配合していないと思われがちですが、



    部分用クレンジング、そして乳液タイプはオイルインタイプなんです。



    さらに、部分用クレンジングである「うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバー」にはミネラルオイルが含まれています。



    ミネラルオイルは、まつげエクステのグルーを溶かす性質があるため、部分用クレンジングはまつげエクステに使用できないということになります。



    また、ローションタイプとシートタイプはいずれも拭き取りタイプ、そして洗い流し不要のクレンジングになるのですが、応用の効くローションタイプに比べて、シートタイプはシートを肌やまつげに直接当てて拭き取らないとメイクは落とせません。



    この拭き取りによって、まつげエクステが抜けてしまったり、曲がってしまう可能性が非常に高いんです。



    そこで選択肢の一つに当サイトでもたびたび紹介している、洗浄力と保湿力を兼ね備えたクレンジングジェルも選択肢の一つに入れてもいいかもしれませんね。(マツエクにもOK)



    ⇒ホットクレンジングジェルの人気ランキング!現役美容部員厳選!



    その中でもマナラホットクレンジングについては、私が写真撮りしながら使い方をまとめたサイトを作りましたので気になる方はご参考に。



    ⇒マナラホットクレンジングゲルの口コミ&使い方!水分量計測&写真で効果検証!



    以上のことをまとめますと、まつげエクステに対応・非対応のクレンジングはこのようになります。



    ■まつげエクステに使用できる
  • うる落ち水クレンジングローション

  • うる落ち水クレンジングミルキィリキッド

  • ■まつげエクステに使用できない
  • うる落ち水クレンジングシート

  • うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバー



  • この4種(全9種)のうる落ち水クレンジングについて、こちらの記事でクチコミを解説しています!▶︎「うる落ち水クレンジングの口コミ!ローションやシートなど4種別に!



    クレンジング力や使用感についてクチコミ投稿者の生の声を確認してみてくださいね。



    マツエクにも優しい!うる落ち水クレンジングを使用したメイク落としのコツ




    マツエクにも優しい!うる落ち水クレンジングでのメイクオフのコツ




    マスカラの中には、一部まつげエクステの上から使用できるものもありますよね。



    そんなとき、まつげエクステやまつげをいたわりながら目元をメイクオフするにはどうしたらよいかお悩みの方も多いはず。



    そこでここでは、実際に私も店頭でお客様に実践しているアイメイクの正しい落とし方をご紹介します!



    今回は「うる落ち水クレンジングローション」を使った、目元のメイクオフ方法です。



    スポンサーリンク
     



    1:メイク落としで用意するもの




    うる落ち水クレンジングローションを使用する際に必ず必要になるのが、コットンです。



    そしてまつげに付着したマスカラや、目元のキワにまで入り込んだアイラインを丁寧に落とすために必要なものが、綿棒です。



    私は、市販の一般的なサイズの綿棒のほかに100円均一で売っているような赤ちゃん用の綿棒を使っているのですが、先が細くてやや硬めなのでアイラインなどの細かい部分に使用し、一般的なサイズの綿棒をマスカラ用にして使い分けています。



    このあたりは自由なのですが、せっかくキレイに仕上げてもらったまつげエクステなんですから、自まつ毛同様丁寧に扱いたいものですよね。



    2:綿棒にうる落ち水クレンジングを染み込ませる




    まず、乾いた綿棒にうる落ち水クレンジングローションを染み込ませます。



    コットンを下敷きにすると便利です!



    ここは節約せず、たっぷりめに使ってくださいね。



    コットンを下敷きにしていますが、いずれコットンにもうる落ち水クレンジングを染み込ませるので遠慮はいりません!



    3:コットンを山おりにしてまつげに当てる




    アイメイク落としの際のコットンの使い方
    アイメイク落としの際のコットンの使い方




    上記のイラスト(雑ですみません…)を参考に、コットンを山おりにして目元に当てます。



    この時、まつげをコットンの折り目部分に乗せるようにしておくことがポイントです!



    4:うる落ち水クレンジングを染み込ませた綿棒でまつげ1本1本のメイクを落とす




    うる落ち水クレンジングでのメイクオフの際の綿棒とコットンの使い方と注意点
    出典: http://blog.the-beautyproducts.com/

    ※こちらの画像はイメージです



    次に、うる落ち水クレンジングを染み込ませた綿棒を目元に対して平行(横)に持ち、綿棒を回転させながらまつげ1本1本のメイクを丁寧に落としていきます。



    まつげに対して、綿棒を強く押し当てないようによく注意してくださいね。



    反対の目元も同じようにメイクオフしましょう。



    5:コットンを裏返してうる落ち水クレンジングを染み込ませる




    次に、山おりにして目元に当てていたコットンを広げ裏返します。



    きれいな面に裏返したら、うる落ちクレンジングローションをたっぷり染み込ませます。



    もちろん、新しいコットンを使用しても良いですよ!



    6:眉の下からまぶたのキワにかけて一気に拭き取る




    最後は、コットンを広げたまま人差し指と小指で挟み、広い面を使ってまぶた全体を拭き取っていきます。



    コットンの持ち方のコツは下記の画像を参考にしてくださいね!



    コットンの持ち方のコツ
    出典: http://www.cosme.net/

    ※この持ち方はコットンの基本的な持ち方になるので、ぜひ覚えてください!



    眉の下にコットンを当て、目元のキワに向かってゆっくり滑らせるように拭き取っていきます。



    うる落ち水クレンジングローションは、化粧水ベースの洗浄成分を使用していながらもクレンジング力に非常に優れています。



    なので、1度か2度の拭き取りできれいにアイメイクが落ちますよ!



    洗い流しは必要ありませんが、拭き残しがないようにしっかりチェックしてくださいね。



    マツエクにも対応!ビフェスタのうる落ち水クレンジングで優しくメイクを落とそう




    いかがでしたか?



    ビフェスタ・うる落ち水クレンジングの洗浄力と刺激の少なさで、まつげや、目元を優しくメイクオフすることができるんです。



    今回ご紹介した方法を参考にして、ぜひ実践してみてくださいね。



    ちなみに、マツエクを使用していない場合は部分用の「うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバー」の使用をおすすめします!



    こちらの記事でアイメイクアップリムーバーについて詳しくご紹介しているので、よろしければチェックしてみてくださいね。▶︎「うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーの成分と美容効果は?口コミまとめ!



    さらにこちらの記事では、「うる落ち水クレンジングシート」について詳しく解説しています。▶︎「ビフェスタ・うる落ち水クレンジングシートの利点&使い方まとめ!



    旅行や出張、急な泊まりに便利なシートタイプもぜひ活用してみてくださいね。



    sponsored link