こんにちは、脱毛サロンアドバイザー ゆうこです。



脱毛していく中で、「サロンとの相性が合わない」「解約した回数よりも早く脱毛完了できた」など途中で契約を解約しなければいけない可能性もありますよね。



脱毛コースの契約をする前に確認しておいてほしいのが、脱毛契約をどのように解約することができるのかということです。



そこで今回、tbc脱毛の解約方法と必要なもの、さらにtbc脱毛を解約する際には来店する必要があるのかについて紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





tbc脱毛の解約方法とは?




tbc脱毛の契約を解約する場合、まず解約専用のコールセンター窓口「契約事務センター」に電話をしましょう。



その際に、解約希望を伝えると、後日解約に必要な書類が郵送されてくるので、そこに必要事項を記入して、メンバーズカードを返送すれば解約の手続きは完了です。



契約事務センターの営業時間は10時から18時30分ですが、それ以外の時間帯は留守番電話での対応となります。



その際は留守番電話にお客様コードと名前、郵便番号、住所、電話番号、解約の希望について録音しておきましょう。



留守番電話に必要事項を録音しておけば、後日解約の書類が郵送されてきます。



tbc脱毛の解約に必要なものとは?




tbc脱毛の解約に必要なものは、印鑑と返金用の口座情報です。



返金用の口座は自分で指定することができます。



またクレジットカード払いを選択している人は、カード情報も必要になります。



スポンサーリンク




tbc脱毛の解約をする際に手数料はかかる?




tbc脱毛を解約する際に、tbcでは解約手数料が必要になります。



解約手数料は、残りの回数分の料金の10%、または2万円が上限となります。



tbcのメンバーズシステムに入会している人は、入会金についても返金対象となります。



入会金の返金額については、有効期限の残りの月数の料金が返金されます。



またtbcのメンバーに入会する際には3,000円の事務手数料がかかりますが、この事務手数料に関しては返金対象外となるので返金されません。



tbc脱毛を解約したときの返金額はいつ頃入金されるの?




tbc脱毛の解約の手続きが完了してから、2~3週間ほどで指定口座に返金額が振り込まれます。



それ以上経過しても返金されていない場合は手違いがある可能性があるので、tbcの契約事務センターに電話して確認してもらいましょう。



脱毛サロンの中には解約時にサロンに来店しないといけない場合もありますが、tbcでは来店の必要がなく、解約の書類を郵送するだけで解約することができます。



電話で解約の手続きを開始できれば、引き止められることもなく、解約という気まずい雰囲気の中解約しなくてもいいので気が楽ですよね。



tbc脱毛は簡単に解約できるので、tbc脱毛を契約する際も気負わず利用できますね。



sponsored link