こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



脱毛サロンで施術を受ける場合、事前にムダ毛を処理しないといけないサロンがほとんどですが、tbcでも事前処理が必要なのでしょうか?



また事前処理で剃り残しがあった場合の対応はサロンによって異なるので、tbcではどのような対応になるのか確認しておきたいですね。



そこで今回、tbc脱毛の事前処理について、剃り残しがあった場合の対応について紹介します。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





tbc脱毛は事前処理が必要?




tbc脱毛には、美容電気脱毛と光脱毛の二種類がありますが、どちらの脱毛方法も事前処理が必要です。



特にライト脱毛は予約した日の前日までに事前処理をしておかないといけません。



tbcは剃り残しにシェービング代が発生する?




tbcのライト脱毛は、前日までに事前処理が必要ですが、剃り残しがあった場合シェービング代が発生するのか気になりますよね。



tbcではシェービングサービス自体がないため、剃り残しがあった場合はその範囲を避けて施術することになります。



どうしても剃り残しが心配なときは、自分のシェーバーを持参していくと安心ですね。



少しの剃り残しであれば、施術室で自分の手で処理できる可能性があります。



剃り残し部分を避けて脱毛されてしまうよりも、その場で自分で処理した方がいいという人も多いのではないでしょうか。



事前処理自体を忘れてしまった場合は、脱毛を断られてしまう可能性が高いので注意したいですね。



予約した日をしっかりと把握して、前日までに脱毛部位をシェービングしておくことが大切です。



肌を傷つけない事前処理の方法とは?




ライト脱毛前の事前処理は、カミソリか電気シェーバーを使用して行うのがおすすめです。



その際に気を付けるポイントについて紹介していきます。



注意するポイント1.乾燥した状態で事前処理しない




乾燥した肌は角質がめくれあがっている状態なので、そのままムダ毛処理してしまうとムダ毛だけでなく角質まで削り取ってしまう可能性があります。



肌を守るためには乾燥した状態で事前処理するのではなく、保湿クリームなどでしっかり保湿して肌の状態を整えておくことが大切です。



ムダ毛処理をする前にまず保湿クリームなどでケアしておき、肌への負担を最小限にしましょう。



注意するポイント2.専用のシェービングジェルやクリームを使用する




カミソリを使用してムダ毛処理をするときに、何もつけずに処理するという人はいないと思いますが、石鹸の泡を使ってムダ毛処理するという人は多いのではないでしょうか。



石鹸の泡を使うと肌をカミソリのダメージから守ることができないだけでなく、角質をふやかせてしまうため肌を傷つける可能性が高くなります。



光脱毛の施術を受ける前の自己処理では肌を傷つけないことが最も大切です。



できるだけ専用のシェービングジェルやクリームを使って、肌を守りながら事前処理を行いましょう。



注意するポイント3.事前処理後に保湿ケアをする




ムダ毛処理をした肌は少なからず角質が剥がれ落ちているため、肌の状態を整え、ダメージから回復させてあげることが必要です。



事前処理をした後には、保湿ケアをして肌の乾燥を予防し、トリートメントケアをしておきましょう。



脱毛効果を高めるためには、日頃からの保湿ケアを欠かすことができません。



脱毛当日には保湿クリームを塗ることができないので、前日までにしっかり保湿ケアをしておくことが大切になります。



肌に負担の軽い方法で事前処理しておけば、脱毛効率が高くなり、肌を綺麗な状態に保ちながらムダ毛を薄くしていくことができますよ。



スポンサーリンク




剃り残しを作らない事前処理の注意点とは?




tbcではシェービングサービスがないので、剃り残しがないように事前処理することが大切です。



剃り残しを作らないためには、早い段階で事前処理をはじめておくと安心です。



しかし早く処理しすぎるとチクチクと毛が伸びてきてしまうので、予約日の2日前くらいから事前処理をはじめるのがおすすめです。



脱毛日の2日前から事前処理を開始し、剃り残しがないか確認しながらムダ毛処理を進めていきましょう。



そうすればムダ毛の剃り残しが見つかりやすく、脱毛当日は剃り残しのない肌に仕上げることができますよ。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



sponsored link