こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



tbc脱毛を利用している人の中には、脱毛期間中に予防接種を受けるという人もいるでしょう。



予防接種を受けると脱毛することができるのか、どのくらいの期間をあければいいのか気になりますよね。



そこで今回、tbc脱毛は予防接種していると施術できないのか、予防接種は脱毛の前後何日程度あければいいのか紹介します。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





tbc脱毛は予防接種していると施術できない?




tbcでは予防接種をしていると、脱毛施術を受けることができません。



カウンセリングでも脱毛できない条件として説明されますが、予防接種をする場合は、脱毛の前後に一定の期間をあける必要があります。



予防接種はtbc脱毛の前後何日程度あければいいの?




tbcでは予防接種の前後4日は脱毛施術を受けることができません。



予防接種を受けるなら脱毛の5日前まで、予防接種してから5日過ぎた時点で脱毛施術を行うことができます。



予防接種をするときには、脱毛の予約日のことも考慮して計画的に行う必要がありますね。



スポンサーリンク




なぜtbc脱毛は予防接種をしていると施術できないの?




tbcでは予防接種の前後4日間は脱毛施術を受けることができませんが、どのような理由からでしょうか?



予防接種を受けることで、体質により一時的に体調を崩す人がいるため、予防接種の前後4日間は脱毛できない決まりになっています。



病院で予防接種をしたときにも、接種後30分程度様子をみる病院も多いように、予防接種後は体調が悪くなる可能性があります。



通常の健康な状態ではない予防接種前後には脱毛することができないのは、トラブル回避という意味も含まれています。



医療脱毛を行うクリニックでも、「発熱や腫れ等の症状が出る恐れがあり、レーザー脱毛の熱を受けることで症状がさらに増悪する可能性がある」ため、脱毛できないクリニックがほとんどです。



予防接種をする場合、脱毛前後2週間あけなければいけないクリニックもあるほどです。



tbc脱毛では脱毛前後4日間あければいいので、早い段階で光脱毛を再開することができますね。



脱毛期間中の予防接種は計画的に行い、なるべくスムーズに光脱毛を進めていきましょう。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



sponsored link