こんにちは、脱毛サロンアドバイザー ゆうこです。



妊娠すると脱毛を中止しないといけないサロンが多いですが、tbcでも妊娠すると脱毛できないのか気になりますよね。



女性として生きている以上、妊娠の可能性はゼロとは言えないので、妊娠したときの対応について確認しておくことが必要です。



そこで今回は、tbcは妊娠すると脱毛することができないのか、また脱毛を中断している間の対応について休止扱いになるのか、脱毛再開のタイミングについて紹介します。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





tbcは妊娠すると脱毛できない?




tbcでは他の脱毛サロンと同じように、妊娠すると脱毛することができないので、脱毛をしている人は一時中断しなければいけません。



妊娠が分かった時点でtbcのサロンに電話をして、脱毛の中止を申し入れましょう。



妊娠中の脱毛コースは休止扱いになる?




妊娠が分かった時点で脱毛を中止しなければいけませんが、妊娠中の脱毛コースはどうなるのか気になりますよね。



妊娠によりtbcの脱毛をお休みしなければいけなくなると、契約中の脱毛コースは休止扱いとなります。



休止扱いとなっている期間は、料金が発生しませんし、回数が消化されることもないので安心してください。



脱毛再開できるタイミングになれば、すぐに脱毛を再開することができます。



以前と同じように、予約を入れて、脱毛を再開させましょう。



tbcの脱毛再開のタイミングとは?




tbcでは、妊娠が判明したときから出産後2ヶ月程度まで脱毛施術を受けることができません。



つまり出産してから2ヶ月ほど経過すれば、脱毛を再開することができます。



多くの脱毛サロンでは、出産後に安定した生理がきた時点で脱毛を再開できると定めています。



安定した生理が脱毛再開のタイミングとなる理由は、その時点でホルモンバランスが安定していると判断することができるからです。



効率よく脱毛していくためにも、生理が安定してきた時点で脱毛を再開するのがおすすめですね。



tbcでは出産後2ヶ月程度で脱毛を再開できますが、授乳中は部位によって脱毛できない箇所があるので気を付けましょう。



授乳中に脱毛NGとなる部位は、ワキ、ムネ、乳輪周りです。



これらの部位は、授乳期間が終了してから脱毛可能となります。



スポンサーリンク




なぜtbcは妊娠すると脱毛できないの?




tbcだけでなく、すべての脱毛サロンで妊娠中の脱毛はNGとなっています。



なぜ妊娠中の脱毛施術がNGとなっているのかというと、母体への影響というよりも、ホルモンバランスが乱れるため体毛が濃くなる可能性が高く、効率よく脱毛できないからという理由です。



光脱毛には有害な光は使用されていないので、母子ともに悪い影響を与えることはありません。



しかし妊娠を経験した女性の多くが、妊娠したことでホルモンバランスが乱れ体毛が濃くなったと感じているように、妊娠してホルモンバランスが乱れると体毛が濃くなる可能性が高いです。



そのような状況の中で脱毛施術を継続させても、脱毛効果を十分に発揮することができないため、妊娠中の脱毛はNGとなっているのです。



効率よく脱毛を進めていくことができないと、お客さんの立場としても不満を抱えることになるため、ストレスを感じてしまいますよね。



そのようなことがないように、ホルモンバランスが乱れる妊娠中は脱毛できないと決められているのです。



妊娠、出産、授乳期は女性にとって大きな変化となる時期であり、日々の生活を過ごすだけでも体力を使います。



無理して脱毛を再開させなくても、気持ちと体力に余裕ができた時点で脱毛を再開するのがおすすめですよ。



出産後は体力が低下しているので、無理のない範囲で脱毛を再開するといいですね。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



sponsored link