こんにちは、脱毛サロンアドバイザー ゆうこです。



tbcでスーパー脱毛を行うと、施術した毛穴が赤く炎症することがあります。



脱毛した部分が赤く炎症すると不安になりますし、その後の処置によって跡が残ってしまう可能性もあるため、しっかり対策をしておくことが大切です。



そこで今回、tbcスーパー脱毛後に出てくる赤みの原因や対策について紹介します。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





tbcのスーパー脱毛後は赤みが出る?




tbcのスーパー脱毛は、毛穴1本ずつに針のような器具を挿入して、毛根部に微弱の電気を流して毛乳頭を破壊していく脱毛方法です。



施術したすべての毛穴が炎症を起こす訳ではありませんが、肌が敏感な人や微弱の電気によってダメージを受けてしまった毛穴は赤く炎症してしまいます。



その赤みは炎症が治まるまで続き、炎症が治まると赤みも自然と消えていきます。



赤く炎症した毛穴を触ると熱を帯びているのも特徴の一つです。



tbcのスーパー脱毛後の赤みの原因は?




スーパー脱毛後の赤みの原因は、電気脱毛による毛穴の炎症です。



毛乳頭を破壊するために流す微弱の電気の熱によって毛穴がダメージを受けているため、赤く炎症してしまいます。



tbcのスーパー脱毛も電気脱毛なので、脱毛後の赤みは仕方がないのです。



大切なことは、脱毛後に適切な対策を行う事です。



tbcのスーパー脱毛後の赤みの対策とは?




スーパー脱毛後の赤みを改善するには、冷却と保湿ケアが必須です。



tbcでは、スーパー脱毛の契約時にコースと合わせて関連商品の使用もおすすめされます。



それが冷却と保湿に使用するアフターローションです。



アフターローションを使用することで、スーパー脱毛後の肌の熱を冷却し、赤みを改善すると共に、保湿ケアをして肌の状態を落ち着かせることができます。



スーパー脱毛を契約する方は、半ば強引に購入させるようですが、もちろん断る事も可能です。



スーパー脱毛自体の料金が高額なので、脱毛料金以外にお金をかけることができないという女性も多いですよね。



出費をスーパー脱毛の料金のみで済ませたいという場合は、保冷剤で冷却し、市販の保湿クリームやローションで保湿しても効果に大きな違いはありません。



しかし赤い炎症がいつまでも続くのか、特にスーパー脱毛をはじめたばかりの人は不安を抱えている人が多いです。



スーパー脱毛後の赤みは、いつ頃解消されるのでしょうか?



スポンサーリンク




tbcスーパー脱毛後の赤みはどのくらいで改善するの?




スーパー脱毛後に冷却と保湿ケアをしていれば、一週間程度で赤みは改善していきます。



肌の炎症による赤みを放置していると、色素沈着を起こして黒ずみになる可能性もあるので、しっかり対処しておくことが大切。



色素沈着による黒ずみの原因は、炎症を抑えようとする自己防衛のようなもので、自分の肌を守るためにメラニン色素を生成することで肌が黒ずみます。



色素沈着による黒ずみを予防するためにも、少しでも早くスーパー脱毛後の炎症を抑えることが大切です。



そのためスーパー脱毛後には、冷却と保湿ケアが必須なのです。



スーパー脱毛後の熱をしっかり冷却し、乾燥した肌を保湿すれば、一週間ほどで赤みがひき健康な肌に戻りますよ。



脱毛後のお手入れが非常に大切なスーパー脱毛ですが、一度施術をすると二度と毛が生えてこなくなるのはとても魅力的ですよね。



sponsored link