無添加クレンジングミルク


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



食品にも体に害を及ぼす添加物が問題視されているように、



化粧品においても肌にダメージとなる添加物を極端に嫌う方は多いのではないでしょうか?



少なくとも私の周りには、「無添加」「オーガニック」といった化粧品しか使わない!という人が何人もいます。



具体的なブランドは以下のサイトからチェックしておきましょう。



⇒テラクオーレの2種のクレンジングミルクを大特集!特徴まとめ!

⇒パラドゥ・クレンジングミルクはマツエクOK?メイク落としの成分は?



そこで今回は、マイルドなクレンジング力で優しくメイクを落とす無添加クレンジングミルクを大特集!



本当の無添加とは?オーガニックの安全性は?



無添加クレンジングミルクの知られざる実態や、本物の無添加クレンジングミルクの見極め方までご紹介します!



以下の記事では敏感肌向けのクレンジングミルクを紹介しておりますので、当記事とあわせてチェックしてみて下さい。



⇒クレンジングミルクが敏感肌に合う理由は?おすすめ商品2つ!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





無添加クレンジングミルクの実態について!無添加表記は間違いだった?




添加物とは何か?


最近は化粧品における添加物に敏感になる人も増えてきたためか、



無添加化粧品が多々販売されるようになりました。



そもそも無添加とは何か?



多くの方は、肌にダメージを与えかねない添加物を一切使用していないという意味だと捉えているようです。



しかしこれは大きな間違い!



そこで、本当の意味で無添加のクレンジングミルクを見極めるためにも、



添加物や無添加の実態について少し深掘りしてお話ししていきます。



そもそも添加物とは何か?




肌にダメージを与えかねない添加物。



とはいえ、もともと肌にストレスを与えるような目的で配合される成分なんてありませんよね。



クレンジングミルクをはじめ、



すべての化粧品においてある目的のために科学的な添加物が配合されます。



たとえば合成香料。



良い香りを楽しむために配合される科学的な添加物ですね。



また、品質を長持ちさせるための防腐剤や、



肌を引き締め、キメを整えるためのエタノール。



殺菌や抗菌作用のあるアルコールや、強力な洗浄力をもつ鉱物油(石油)…。



書き出したらきりがありません。



添加物の実態と安全性について!




ただ、使用感を良くする、また洗浄力を高めるなどという目的で化粧品に配合されていますし、



いずれも一般的には肌に大きな影響を及ぼさないとされる成分ばかり。



これらの科学的な添加物が一切含まれていない化粧品なんて、正直な話存在しないと言っても過言ではありません。



添加物が一切ない化粧品は、石けん素地100%の純石鹸くらいだと思います。



無添加表記の真実!




実は、無添加と記載している化粧品でも、本当は何かしらの添加物が含まれている可能性は大いにあります。



それはなぜかというと、



無添加という表記に明確な基準が設けられていないからです!



槍玉にあげるわけではありませんが、一つだけ例をだしてみますね。



出典: http://www.cosme.net/
出典: http://www.cosme.net/




こちらの洗顔料は、私が住んでいる近くのドラッグストアで販売されているものです。



表には無添加という文字がしっかり表示されており、



アットコスメの商品案内を見ると、



  • 旧指定成分

  • 石油系界面活性剤

  • 香料

  • 着色料



  • 以上の4項目が無添加であることが確認できます。



    しかし、実際にドラッグストアに出向いてパッケージに記載されている成分表を見たところ、



    乳化安定剤であるステアリン酸グリセリルというものが使われているのを見つけました。




    ステアリン酸グリセリルは植物油とグリセリンで合成された合成界面活性剤。



    つまり、無添加表記があるものの合成の化学成分が入っているということになります。



    (ちなみにステアリン酸グリセリルは酸化しにくく安全性が高い添加物として知られているので、上記アイテムが肌に優しいのは嘘ではありませんよ!)



    逆に言えば、香料だけ(たったの一項目)が無添加だった場合も「無添加化粧品」として販売することができます。



    無添加のみならず、自然派化粧品と呼ばれるものも同じと思っていてください。



    スポンサーリンク




    旧指定成分は表示義務がある!




    しかし、例外的に旧指定成分を配合している場合は、パッケージに必ず記載しなければならないというルールがあります。



    旧指定成分とは、肌ダメージを受ける可能性があると認められた102種類の成分のこと。



    しかし、旧指定成分の一部ではサリチル酸のようにアクネ菌の殺菌が期待できる成分などが含まれていることもあり、



    美肌目的で旧指定成分を配合する際はパッケージに必ず明記するという決まりのもと、旧指定成分が使われている場合があります。



    もしも旧指定成分としてなにか表示されているのを見つけたら、



    その旧指定成分が肌にどんな影響を与えるのか、事前に調べておくことをお勧めします。



    無添加のクレンジングミルクを見極めるには?




    無添加に近い物を選ぶには?


    無添加と表記があるクレンジングミルクでも、添加物が100%含まれていない保証はないと言いたいのです。



    本当の意味で無添加なクレンジングミルクはほぼないとしても、なるべく無添加に近くて肌に優しいクレンジングを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?



    端的な言い方になりますが、オーガニック化粧品として売り出されているクレンジングミルクを選んでください。



    オーガニック化粧品は、植物由来の成分によって成り立っている本当の意味での自然派化粧品です。



    クレンジングミルクにおいては、



    オリーブ油やホホバ油、パーム油といった植物から抽出した油にメイクを浮かせる効果が期待できます。



    また、界面活性剤も天然由来のものを使用しているため、肌に対するストレスが非常に軽くなりますよ。



    植物はそれぞれ美肌効果にも優れているのが嬉しいポイント。



    オーガニックのクレンジングミルクで肌をいたわりながらメイクオフしてみてくださいね。



    相対的にみておすすめのクレンジングミルクランキングは以下のサイトで紹介しています。



    ⇒クレンジングミルクランキングTOP5!特徴&口コミのまとめ!



    アレルゲンのある方やニキビ肌にはご注意!




    補足になりますが、オーガニックのクレンジングミルクがどの方にも100%安全というわけではありません。



    配合されている成分に特定のアレルゲンを持っている人は、当然ですが使用を控えるようにしましょう。



    またニキビ肌の人も要注意です!



    オリーブ油やホホバ油などの天然油脂には、オレイン酸が含まれています。



    ニキビの原因菌であるアクネ菌は、このオレイン酸を餌に繁殖して悪玉菌になり、ニキビを悪化させてしまうので、



    ニキビが気になる人もオーガニック製品には注意しましょう。



    sponsored link