ミネラルオイル含有のクレンジングは危険?安全性や影響について知りたい!


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



私がコスメカウンターで勤務していてたまに聞かれるのが、



クレンジング剤に含まれるミネラルオイルの安全性です。



なかでも年配のお客様が、ミネラルオイルの存在に敏感な傾向にあります。



そこで今回は、クレンジング剤で使われているミネラルオイルの安全性や、肌に与える影響について紹介していきたいと思います。



多くのクレンジング剤に含まれているミネラルオイル




多くのクレンジング剤に含まれているミネラルオイル


クレンジング剤を含む、すべての化粧品には成分表を記載しないといけない決まりがあります。



(※一部医薬部外品を除く)



その成分表の一番最初に「ミネラルオイル」と記載されているクレンジング剤って、結構多いんです。



それを気にする男性が現れるほど美への関心は世代性別を問いません。



⇒メンズにも!クレンジングオイルで毛穴汚れをクリアにする方法



なぜ成分表の一番最初にミネラルオイルが記載されているかというと、



その製品の基剤(ベース)として一番多く含まれているからなんですね。




しかし、ミネラルオイルに対して良い印象を持っていない人も多いはず。






ミネラルオイルとは、ずばり鉱物油のこと。



鉱物油とは、石油を原料として合成・精製された成分の事なんです。




確かに、肌に石油を塗りたくる…なんて想像したらゾッとしてしまうかもしれませんね。



では、なぜクレンジング剤にミネラルオイルは使われるのでしょうか?



クレンジング剤にミネラルオイルが使われる理由!




クレンジング剤にミネラルオイルが使われる理由!


ミネラルオイルには、シリコーンや油性の汚れを溶かす効果があります。



したがって、どんな強力なメイクでも一度でサッと落とせるほどのすぐれたクレンジング力を持っているのです。



ミネラルオイルは機能性だけではなく、生産性もあることから多くのメーカーで使用されています。



低コストで大量に製造することができるので、ドラッグストアやスーパーなどで安価に販売されているクレンジング剤には、ほとんどと言っていいほどミネラルオイルが含まれていると言っても良いでしょう。



まれに「ミネラルオイル配合=安価で低品質」という印象を持たれる方もいますが、



10000円以上するコスメにもミネラルオイルが含まれている場合があるので、



値段が高いから安心、といったわけでもないようですね。



スポンサーリンク




クレンジング剤に含まれるミネラルオイルは肌に安全?




今から数十年前、化粧品の製造技術もままならなかった時代は、



ミネラルオイル(鉱物油)の精製度が非常に低かったため、



紫外線を浴びてしまうと「油焼け」を起こしてしまったり、肌が荒れてしまうといった問題がありました。



年配の方がミネラルオイルに敏感なのも、その時代のせいです。



しかし、化粧品の製造技術や品質も向上した現代では、



ミネラルオイルの精製度も非常に高く、厳しい品質チェックをクリアして初めて化粧品に配合されています。



なので、人体に対して悪影響を与える可能性はとても低いんです。



しかしながら、100%安心できるかと言われれば、そうとは言い切れません。



次に、ミネラルオイルが肌に与える影響について紹介していきたいと思います。



クレンジング剤に含まれるミネラルオイルの3つのデメリットとは?




ミネラルオイルのデメリットを挙げるとすれば、



  • 脱脂力が非常に高いこと

  • 皮膚に吸着しやすいこと

  • まつげエクステには使えない



  • などがあります。



    脱脂力が強いと、肌に必要なうるおい(皮脂)までをも奪ってしまいます。



    クレンジング後の肌が急激に乾燥してしまう可能性があるんです。



    もともと、皮脂量の少ない乾燥肌の人が使ってしまうと余計に乾燥を悪化させることも考えられるので、おすすめできません。



    次に、皮膚に対する高い吸着性。



    人の肌は、水を弾きますよね?



    ということは、人の皮膚も油と同じなんです。



    ミネラルオイルは当然油で出来ていますから、人の皮膚にどんどん吸着してしまいます。



    メイクと一緒にミネラルオイルを落としたくても、ミネラルオイルだけが肌に残ってしまい、肌荒れを起こしてしまうケースもよくあるのです。



    実は、そのミネラルオイルを簡単に落とすために、合成の界面活性剤がたくさん使われています。



    すると、肌に必要なうるおいがますます奪われてしまう可能性があるので、



    乾燥肌の原因となってしまいます。



    もし、それでも使う機会があるときは以下のサイトでお肌への影響を最小限にとどめておきましょう。



    ⇒美肌に近づく!クレンジングオイルを乳化させる正しいやり方をご紹介!



    最後、まつげエクステには使用できないという点。



    ミネラルオイルは、一般的に使われるまつげエクステのグルー(接着剤)を溶かしてしまいます。



    そのため、まつげエクステをしている人は、ミネラルオイル含有のクレンジング剤が使えないんです。



    このように、ミネラルオイルには肌に影響を与えかねないデメリットが存在します。



    乾燥肌や敏感肌、まつげエクステを使用している人にとっては、ミネラルオイル不使用のクレンジング剤を選ぶべきといえるでしょう。



    ミネラルオイル不使用のおすすめクレンジング・3つ




    ミネラルオイルが含まれていないクレンジングを探したい!



    そんな方のために、



    ミネラルオイル不使用のおすすめクレンジングをピックアップしてご紹介します。



    マナラホットクレンジングゲル/マナラ




    当サイトでもすっかりおなじみのマナラホットクレンジングゲル。



    こちらはミネラルオイルを含む7つの無添加を掲げており、



    肌に対するストレスも与えません。



    加えて、美容液成分が94.4%も配合されているので、



    クレンジングなのに美容液をつけている感覚で使えますよ!





    …このように温感効果が感じられるのも、非常に気持ち良いですよね。



    カウブランド無添加メイク落としオイル/カウブランド




    オイルクレンジングなのに無添加!?



    牛乳石鹸でおなじみのカウブランドから、



    ミネラルオイル、アルコール、防腐剤、着色料などが無添加のクレンジングオイルが販売されています。



    低刺激処方、そして皮膚アレルギーテスト済みなので、



    肌が乾燥しやすい人でも使いやすいクレンジングオイルとなっています。



    また、保湿成分のセラミドを配合しているので、



    洗い上がりの乾燥を防いで、肌のうるおいをしっかりキープしてくれます。






    このようにクレンジング力にも優れていることがわかりますね!



    薬用アクネジェントルメークオフ/エテュセ




    繰り返しニキビができる人に特にお勧めしたいクレンジングオイルです。



    ACコントロールオイルを配合しており、肌の乾燥やニキビを防ぎます。



    また厚みのあるオイルなので、肌の摩擦を軽減。



    ミネラルオイルはもちろん、着色料や香料は一切使用していない薬用処方となっています!






    このように、エテュセにはニキビ肌でも安心して使えるラインが勢ぞろいです!



    他にスピーディクレンジングのソフティモやココナッツのピュアオイルも注目です。以下のサイトからチェックしてくださいね。



    ⇒スピーディクレンジングオイルのおすすめは?ソフティモまとめ!

    ⇒ココナッツオイルで作るクレンジング!重曹を使った作り方とは?



    sponsored link




    ミネラルオイル配合のクレンジングは自己判断で!




    いかがでしたか?



    もしもミネラルオイルが肌を絶対的にダメにさせてしまう成分なら、こんなにも多くのクレンジング剤やリキッドファンデーションに含まれていません。



    しかし、人によっては致命的となるデメリットを抱えているのも事実です。



    もしも肌への影響が心配なようであれば、



    上記で紹介したようなミネラルオイル不使用のクレンジング剤を選ぶこと。



    自分自身の目や肌で、しっかり判断してくださいね。



    矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる