水クレンジング


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



クレンジングには、オイルやリキッド、ミルクやジェルなど実に様々な種類がありますが、



肌質やメイクに合わせてぴったりのアイテムをチョイスしなくてはなりません。



特にまつげエクステをしている人にとっては、オイルフリーでなければダメ!という認識もお持ちかと思います。



そこで今回は、マツエク使用者にも安心して使える水クレンジングについて特徴をまとめてみました。




スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





マツエク使用者にとってクレンジング選びは重要!




マツエクを使用している人にとって、美しい状態をキープするためにもクレンジング選びは慎重に行わなくてはなりません。



なぜなら、マツエクが取れる理由としてよく挙げられるのが、



  • 1.オイルクレンジング

  • 2.摩擦



  • この二つだからです。



    鉱物油を配合している油溶性クレンジングにはマツエクを剥離させる効果があるほか、



    ゴシゴシ洗いによりマツエクはもちろん、自まつ毛まで抜け落ちてしまうこともよくありますよね。



    オイルフリーのクレンジングをお求めなら、水クレンジングがオススメです。



    マツエクOK!話題の水クレンジングとは?




    気になる2つの疑問


    あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、



    水クレンジングはその名の通り、成分のほとんどが水でできているクレンジングのことです。



    メーカーでは、「化粧水生まれのクレンジング」という風に宣伝しているアイテムが多いですね。



    とはいえ、ほとんどが水でできているのにウォータープルーフのポイントメイクが落ちるのか?



    クレンジング力は信用してもいいのか?



    そんな疑問をお持ちの方もきっといるでしょう。



    なぜ汚れが落ちるのか?




    オイルを含んでいるクレンジングは、油分と界面活性剤の二つが合わさってメイクや汚れを落とすようにできています。



    シンプルに考えれば、



    水クレンジングには油分がなく、界面活性剤の力によってメイクや汚れを落とすことができるのです。



    界面活性剤は、強力なクレンジング力で肌にストレスを与えやすいというイメージを持たれがちですが、



    実際に多くの洗顔料やクレンジング、ファンデーションやアイシャドウなどに含まれているものなので、



    肌状態が敏感でない限り神経質に考える心配はないでしょう。



    界面活性剤が肌に残る心配はないの?




    この後に説明しますが、水クレンジングはコットンで拭き取ることが可能なうえ、



    洗い流しも不要になります。



    「なら、界面活性剤がお肌にべったり付いた状態になるということですか?」



    …なんて、これは実際に私がお客様から頂いた疑問なのですが、



    メイクや皮脂汚れと一緒に界面活性剤の成分は拭き取られていき、



    保湿成分だけが肌に残るようにできているので心配ありません。




    スポンサーリンク




    マツエクにも優しい!水クレンジングのメリット




    4つのメリット


    それでは、ここからは水クレンジングのメリットについて、特徴を挙げながら紹介していきたいと思います。



    特徴1・みずみずしいテクスチャー




    油分を含んでいない水クレンジグはみずみずしいテクスチャーなので、



    化粧水を肌になじませているようなライトな感覚でメイクを落とすことができます。



    拭き取り後も油膜感がなく、さっぱりとするので心地よいですよね。



    特徴2・コットンで拭き取りができる




    とはいえ、化粧水のようなテクスチャーだと顔になじませてもすぐに液だれしてしまうのでは…?と思いますよね。



    水クレンジングは、基本コットンに含ませてふき取る形で使用するものになります。



    小鼻や目元などの細かい部分にまで馴染ませることができ、



    商品によってはすすぎ洗いが不要なものもあるため、旅行先や仕事帰りで疲れたときでもササっとメイクをオフできます。



    特徴3・化粧水も必要なし




    前の項でも少し触れましたが、保湿成分が肌に残るため、



    メイクオフ後の化粧水が不要となります。



    日本で販売されている水クレンジングの多くは、すすぎ洗いも不要なので、



    1本でクレンジング・洗顔・スキンケアが叶う優秀なアイテムなんです。



    特徴4・マツエクにも使える




    ここまで来て当たり前の話になるのですが、



    油分を配合していない水クレンジングはマツエクにとても優しいんです。



    マツエクの接着剤は、油分(鉱物油)によって溶けてしまう可能性が高いので、



    マツエク使用者にはぴったりのクレンジングです。



    マツエクにも優しいけど…水クレンジングのデメリット




    とはいえ、表があれば裏があるように、



    水クレンジングにもデメリットが存在します。



    1.摩擦による肌への刺激




    マツエクが取れる理由の一つでもある、摩擦。



    水クレンジングは拭き取りタイプになるため、



    少なからず肌への摩擦が発生してしまいます。



    マツエクをしている状態でアイメイクを落としたい時には、



    上から下、マツエクの流れに沿って優しくふき取るのが基本です。



    しかし、肌が敏感な状態で摩擦を起こしてしまうと、



    炎症を起こして赤く腫れたりヒリヒリする場合があります。



    2.界面活性剤への懸念




    敏感肌の人にとっては、界面活性剤が脅威に感じることもあるはず。



    すでに皮脂量が少なく、バリア機能が停滞している場合、



    強力な洗浄力で、肌に必要な皮脂が奪われてしまうとますます肌状態が悪化する恐れがあります。



    もしもこのような状況にある場合、



    界面活性剤の配合量や数が少ない水クレンジングを選ぶと良いでしょう。



    パッケージに記載されている成分表を見れば確認することができるので、



    ぜひチェックしてみてくださいね。



    脂性肌の人はダブル洗顔が必要なことも




    また、もともと皮脂量が多い肌質の場合、



    拭き取っただけのクレンジング(洗顔)だと不十分で、



    肌にべたつきが残ってしまう場合も考えられます。




    このような場合、石鹸素地100%の純石鹸をしっかり泡立ててダブル洗顔をすれば、



    皮脂をコントロールでき肌がベタつくこともなくなるでしょう。



    sponsored link




    マツエクにも肌にも優しい水クレンジングで健やかな肌質を目指そう!




    いかがでしたか?



    肌にも優しくマツエクにもぴったりな水クレンジングは、



    使い方次第で手放せなくなるほど優秀なアイテムなんです。



    ポイントメイクが濃い目の方は、ポイント用リムーバーを併用しながらメイクが肌に残らないようにしましょう。



    ぜひ一度、店頭やネットでチェックしてみてくださいね!



    矢印 現役美容部員が厳選したホットクレンジングジェルの人気ランキングを見てみる



    おすすめの関連記事




    ⇒マツエクokクレンジングのおすすめランキング!ビオレやオイル別も




    毎月現金1万円があたる、美肌キャンペーン情報!