クレンジングジェルに含まれる界面活性剤 安全性&危険性について知りたい!


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



クレンジングジェルを探している人の中には、



「界面活性剤=肌に悪い」という印象を持つ人も少なく無いでしょう。



でも実際、界面活性剤は肌にとって本当に悪なのでしょうか?



そこで今回は、クレンジングジェルに含まれる界面活性剤の安全性や危険性について説明していきたいと思います。



 

スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





クレンジングジェルの界面活性剤について




クレンジングジェルの界面活性剤について


まず、界面活性剤自体が何なのかについて少し説明しますね。



界面活性剤とは、簡単に言うと“本来混ざり合わない成分同士を混ぜ合うことができる”もの。



クレンジングジェルの場合、水では落とせない皮脂や毛穴汚れを落とすために界面活性剤が使われています。



クレンジングジェル以外にも乳液やクリーム、メイクアップ用品などの多くの化粧品に含まれている化学成分なのです。



界面活性剤には二種類ある!




クレンジングジェルに配合されている界面活性剤には、



  • 合成界面活性剤

  • 天然界面活性剤



  • の2種類があります。



    合成界面活性剤とは主に鉱物油などでできており、安く大量生産できるというメリットがあります。



    また、天然界面活性剤に比べ洗浄力(クレンジング力)が高いことも大きな特徴です。



    しかしながらその洗浄力の高さから、肌に必要な皮脂までも奪ってしまうため、



    バリア機能が低下し肌トラブルを起こす場合もあるのがデメリットと言えるでしょう。



    その点、天然成分を精製した天然界面活性剤は肌に優しく、



    皮脂を奪いすぎないので健やかな肌状態を保つことができます。



    しかし、生産量やコスト面で言うと合成界面活性剤を使っているクレンジングジェルより劣ってしまうのがデメリットです。



    ちなみにマイルドジェルクレンジングは、天然由来の界面活性剤です。



    無印良品・マイルドジェルクレンジングの口コミ&効果まとめ!




    クレンジングジェルの界面活性剤に関する危険性




    クレンジングジェルの界面活性剤は安全?危険?


    ドラッグストアやスーパーなどで見かける安価なクレンジングジェルは、



    たいていの場合合成界面活性剤が使われていると思って間違いありません。



    でも、界面活性剤は肌にとって本当に悪なのでしょうか?



    界面活性剤は敏感肌やアトピーにとって脅威




    これは私の家族の話になるのですが、



    極度の敏感肌で長らく皮膚科に通い続けていても、肌の状態が良くなることはありませんでした。



    薬を塗り続けても結局は同じことの繰り返しなので、



    視点を変えてこれまで使用していたボディソープを純石けんに切り替えたのです。



    ※純石けんとは、石けん素地100%で余分な成分を全く含んでいない石けんのことを言います。



    すると、肌のかゆみが嘘のように収まったのです!



    実はボディソープに含まれていた界面活性剤によって肌が極度に乾燥し、ひどいかゆみを起こして敏感になっていたんです。



    このように、乾燥肌や敏感肌の人にとって界面活性剤の洗浄力は脅威であることがわかると思います。



    スキンケアで保湿ケアしても無駄?




    上記の体験談から、



    いくら皮膚科に通って薬をもらい続けても根本的な解決にならないことを学びました。



    これをクレンジングジェルに置き換えるとどうでしょうか?



    普段乾燥が気になる人が、実はクレンジングジェルの界面活性剤が原因であることに気づかずにスキンケアを頑張っても、根本的な解決にならないかもしれません。



    実際に、界面活性剤入りのクレンジングジェルを使わなくなって肌が劇的にきれいになったという話はよく耳にします。



    もしもいろんな方法を用いても肌トラブルが改善しない場合、界面活性剤入りのクレンジング剤をやめてみるのも良いかもしれませんね。



    スポンサーリンク




    クレンジングジェルの界面活性剤に関する安全性




    ここまでは界面活性剤の危険性やデメリットを中心に説明してきましたが、



    かといって界面活性剤が完全に悪いという風に決めつけることはできません。



    ここで、クレンジングジェルの界面活性剤に関する安全性についてご紹介します。



    極端な話になりますが、そもそも界面活性剤自体が悪ならこんなにも多くの化粧品に含まれることはありませんよね。



    つまり、界面活性剤自体の危険性については本来心配するほどでもないことになります。



    実は界面活性剤は身近な存在だった!




    私が美容部員を務めていたメーカーは、「化粧品で使われている界面活性剤の危険性はほとんど低い」というスタンスでクレンジングの製造・販売を行っていました。



    そして、界面活性剤にネガティブなイメージを持つお客様に対してこう説明してきたのです。



    「普段口にするマヨネーズや歯磨き粉にも界面活性剤って使われているんですよ」



    …と。



    私たちの身の回りで、実にたくさんの製品に界面活性剤は使われているのは事実です。



    こう説明されると、界面活性剤ってそこまで心配する必要がないと妙に納得してしまいますよね。



    sponsored link




    クレンジングジェルの界面活性剤について考察してみる




    では界面活性剤についてもう少し深く考えていきたいと思います。



    「クレンジングジェルの界面活性剤=洗浄力が高い」というイメージを考えると、



    脂性肌のように皮脂分泌やベタつきが気になる人にとって相性が良いように感じますよね。



    ですが、界面活性剤の洗浄力で肌に必要な皮脂が奪われてしまったら?



    肌のバリア機能は低下しうるおいはなくなってしまいます。



    そのうるおいを補うために、さらに毛穴から皮脂がどんどん分泌されてしまいます。



    すると、結果的に脂性肌の改善に繋がらなくなってしまいますよね。



    クレンジングジェル自体が悪なのか?




    「じゃあ結局クレンジングジェル自体が悪なのでは?」



    という極論に達してしまうかもしれません。



    ですが、クレンジングジェルには肌にうるおいを与える保湿成分が含まれています。



    そしてクレンジングジェルのほとんどが「水」でできています。



    つまり、オイルクレンジングやミルククレンジングに比べるとはるかに肌に優しく、



    肌のうるおいをキープしてくれるんです。



    その中でも、界面活性剤を使用していない自然派化粧品やオーガニックのクレンジングジェルは乾燥肌や敏感肌に適しているクレンジング剤と言えるでしょう。



    美容部員の私がおすすめするのは、植物性の天然素材からできている界面活性剤と90%以上を美容成分でできているマナラホットクレンジングゲル。私の体験談を写真撮りしながら使い方や口コミをまとめてますので以下のサイトからチェックしておいてくださいね。



    ⇒マナラホットクレンジングゲルの口コミ&使い方!水分量計測&写真で効果検証!



    界面活性剤以外の成分で相性を考えよう




    話が二転三転してしまうようですが、



    乾燥肌や敏感肌の人が、「界面活性剤=肌に合わない」と決めつけるのはまだ早いです。



    それは、クレンジングジェルに含まれている「アレルゲン」です。



    食物アレルギーのように、大豆や小麦を使った化粧品で肌が荒れてしまうことは稀にあります。



    乾燥肌や敏感肌の人にとって、クレンジングジェルに含まれている成分にアレルゲンがないのか?



    界面活性剤の有無にとらわれず、成分そのものの相性をよく見極める必要があります。



    この点に注意して、あなたに本当に合うクレンジングジェルを探してみてくださいね。



    矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる