クレンジングオイルが肌に悪い噂は本当?


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



洗浄力が高く、さっぱりとした洗い上がりが好評のクレンジングオイルですが、



一方で「肌に悪いのではないか?」という声もよく耳にします。



しかし、クレンジングオイルは本当に肌に悪いのでしょうか?



今回は、クレンジングオイルが抱える欠点や長所を挙げながら、



肌に悪いかどうかを考察していきたいと思います。




スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





クレンジングオイルは肌に悪い?




肌に悪い?クレンジングオイルの成分について


私自身、クレンジングオイルを使うと、



肌が乾燥しやすくなったり肌荒れが起きやすくなると仰るお客様を何人も見てきました。



では、クレンジングオイルの一体何に不安要素があるのでしょうか?



これは、大きく二つに分かれると思います。



一つ目が、クレンジングオイルの成分的な問題。



最後の一つが、使用方法の誤りによる肌トラブルです。



それでは、クレンジングオイルの不安要素となる二つの要素についてじっくり検証していきたいと思います。



肌に悪い?クレンジングオイルの成分について




肌に悪いとされるクレンジングオイルの界面活性剤について


クレンジングオイルは何でできているのかというと、



まず基剤となる油分に、乳化剤となる界面活性剤



次に、訴求成分として保湿剤やコンディショニング剤が配合され、



製品によって香料や着色剤が加わります。



これらの中で肌にダメージを与えかねないのが、



乳化剤である界面活性剤や香料、着色剤になります。



加えて、品質を長持ちさせるために必要なパラベン(防腐剤)が含まれている場合もありますね。



世の中に出回っているクレンジングオイルの中には、



  • 石油系界面活性剤不使用

  • 香料不使用

  • 着色料不使用

  • パラベンフリー



  • といった「無添加」を謳っているアイテムも少なくありません。



    中でも多くの人が不安視しているのが、界面活性剤による肌への影響だと考えます。



    肌に悪いとされるクレンジングオイルの界面活性剤について




    界面活性剤は乳化剤として含まれている成分ですが、



    本来は混ざり合うことのない水分と油分を融合させることで乳化し、



    皮脂汚れやメイクを水でスッキリと洗い流す働きを持っています。



    界面活性剤が肌に悪い!と一方的に意識している方も少なくありませんが、



    実際に洗顔石鹸以外にもボディソープや化粧水、乳液、洗濯用洗剤や食器用洗剤など、多くの洗浄剤に使われているのです。



    また洗浄剤のみならず、



    マヨネーズや歯磨き粉にも使われているので、普段の生活の中で知らず識らずのうちに口にしているものなのです。



    極端な言い方をすれば、界面活性剤が肌にとって悪であるなら、



    これほど多くの化粧品に含まれているはずがありません。



    しかし、なかには界面活性剤の影響でバリア機能が崩れ、肌荒れを起こす人がいます。



    そのほとんどが、石油系界面活性剤による影響なのです。



    石油系界面活性剤は非常に洗浄力が強いため、



    肌に必要な皮脂をも奪ってしまい、洗顔後に急激な乾燥を招く可能性があります。



    普段から皮脂量が多いオイリー肌ならさっぱりした使用感で気持ち良いかもしれませんが、



    皮脂量の少ない乾燥肌や敏感肌にとっては更に肌ダメージを与えてしまうことになります。



    とはいえ、石油系界面活性剤は洗浄力が高く低コストなので、



    大量に製造・販売しやすいというメリットがあります。



    ドラッグストアやスーパーなどで安価で大量に販売されているクレンジングオイルには、



    ほとんど石油系界面活性剤が使われていると思って間違いないでしょう。



    肌への影響を考えるなら、石油系界面活性剤が使われていないクレンジングを選ぶようにしましょう。



    ニキビへの影響




    植物油が使われているクレンジングオイルの中には、



    オリーブオイルのようにオレイン酸が含まれていることで、



    ニキビが悪化してしまう可能性があります。




    というのも、オレイン酸はニキビの原因菌であるアクネ菌を好む性質を持っており、



    ニキビが悪化したり広がってしまうことがあるからです。



    ニキビができやすい肌質の人はもちろん、



    一時的にニキビがでできている人もクレンジングオイルの使用を控えるべきでしょう。



    肌にとって悪い影響を与えるクレンジングオイルの使い方




    次に、肌ダメージを与える可能性があるクレンジングオイルの誤った使い方について検証していきましょう。



    スポンサーリンク




    肌への摩擦




    まず心配されるのが、肌への摩擦です。



    クレンジングオイルは非常に滑らかに伸びるので、



    つい力を入れて洗顔する方も多いのではないでしょうか。




    クレンジングオイルによる強い摩擦は、



    シワやシミ、くすみや乾燥の原因となってしまいます。



    またニキビ肌の場合、



    摩擦でニキビが潰れてしまい、にきび跡になりやすくなるというデメリットも。



    クレンジングオイルは、軽く肌になじませるだけでメイク汚れや皮脂汚れを浮かせる効果があります。



    無理にこすらずに使用するようにしましょう。



    また、落ちにくいアイメイクはあらかじめポイント用リムーバーでメイクオフしておくことも重要です。



    長時間のメイクオフ




    次に心配されるのが、長時間のクレンジングです。



    クレンジングオイルの中には、角栓やくすみが落とせるタイプもたくさん販売されており、



    小鼻のあたりや目元に対して、時間をかけてオイルを馴染ませている方も少なくありません。



    しかし、クレンジングオイルは脱脂力が非常に強いので、



    長時間肌になじませることで、肌に必要な皮脂が奪われてしまう可能性があります。



    この辺りは、先程ご紹介した石油系界面活性剤と同じ理屈ですよね。



    クレンジングオイルを使用する際は、30秒から長くても60秒以内に洗い流すことが鉄則です。



    クレンジングオイルを正しく使えば肌に悪くない!




    以上のように、クレンジングオイルの成分的な問題、使い方の問題がクリアできれば、



    肌に対して悪い影響を与えることもありません。




    これまでの情報を整理すると、



  • 乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌の人はクレンジングオイルの使用を控える

  • できる限り石油系界面活性剤が使われていないクレンジングオイルを選ぶ

  • ポイント用リムーバーを取り入れてクレンジング時の摩擦を軽減する

  • 長時間のメイクオフは控え、30秒程度で洗い流す



  • これらの注意点を守ることで、クレンジングオイルを安全に使いこなすことができますよ!



    また、メイクオフをより効果的に行うには「乳化」することが大切です。



    乳化とは、オイルと水が混ざりあう状態のことを言い、白く濁るのが特徴です。



    クレンジングをなじませた後、水で洗い流す前に濡れた手で顔のオイルとなじませると、



    メイク落ちがよくなりますし肌にかかる負担も軽減できます!



    以前公開いたしました「美肌に近づく!クレンジングオイルを乳化させる正しいやり方をご紹介!」の記事で、




    乳化を含むクレンジングの正しい手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!



    肌に悪いばかりじゃない!クレンジングオイルを上手に使いこなそう!




    いかがでしたか?



    クレンジング力の強いクレンジングオイルなら、



    力加減が弱く、短時間でも簡単にメイクオフできるので非常に優秀なクレンジングなんです。



    クレンジングオイルにもたくさんの種類がありますが、



    肌への影響が気になるならパッチテストを行うこと!



    そして、コスメカウンターなどで試供品をもらい1、2回試してみるのも良いでしょう。



    クレンジングオイルの選び方、使用方法をしっかり理解した上で、



    クレンジングオイルを使いこなしてくださいね。



    sponsored link