敏感肌でも安心して使えるクレンジングミルク


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



普段何気なく使っているクレンジングでも、



配合されている添加物や間違った使用方法で肌にダメージがどんどん蓄積されていきます。



特に、敏感肌の人にとってクレンジング選びはなかなか難しい一面がありますよね。



敏感肌の場合、成分や使用感を考慮してクレンジングミルクを使っていただきたいです!
 


今回は、敏感肌の人向けにクレンジングミルクの選び方やおすすめのクレンジングミルクについてまとめてみました。



敏感肌はなぜクレンジングミルクを選ぶべきなのか?




敏感肌におすすめのクレンジング方法


私の元を訪れるお客様の中にも、



敏感肌用のスキンケアや洗顔料、クレンジングをお求めになる方はいらっしゃいます。



敏感肌となると、本当に使用出来るアイテムが限られてしまいますよね。



これまでもクレンジングミルクを紹介してきた記事の中で、



敏感肌や乾燥肌の人に特にオススメ!とお伝えしてきたのですが、



そもそもなぜクレンジングミルクがおすすめなのか?



詳しくご紹介します。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





敏感肌とはどういう状態?




敏感肌の状態をおさらいしておきましょう。



出典: http://hadalove.jp/
出典: http://hadalove.jp/




上記の画像を見てもらいたいのですが、



肌状態が健康=普通肌の人は肌内部の水分と油分のバランスがしっかり保てており、



バリア機能が正常化することで外的ダメージを受けにくい肌質となっています。



その反面、敏感肌は水分量や油分量(=皮脂量)が少なく、極度な乾燥状態に陥ります。



さらに、肌表面に天然のうるおいヴェールである皮脂膜が形成されないため、



外的ダメージを受けやすくなり、肌荒れやピリピリとした刺激を受けやすくなってしまうのです。



敏感肌は、本来乾燥肌だったのがよりひどくなった状態、と覚えておくと良いと思います。



敏感肌は皮脂を奪いすぎないようにするケアが必要!




上記で説明したように、敏感肌は皮脂量が少ないため、



脱脂力の強い洗顔料やクレンジングの使用は控えるべきです。



洗顔料やクレンジング剤には、汚れを落とすために界面活性剤が使われているのが一般的。



基剤である水や油、そしてこの界面活性剤によってメイクが落ちる仕組みになっているのですが、



なかでも石油由来の合成界面活性剤の場合は非常に脱脂力が強いので、



肌に必要な皮脂までをも奪ってしまい、より乾燥が進みやすくなってしまいます。



しかし、クレンジングミルクの場合は界面活性剤の配合量が少なく、



水分と油分によってメイクを浮かせ、落とす仕組みになっているので、



肌に必要な皮脂を残しながらメイクオフすることが可能なのです。




加えて、ソフトでなめらかなテクスチャーにより、



肌への摩擦を軽減できるのもオススメなポイント。



以上のことから、敏感肌の人はクレンジングミルクを使ったほうがよいのです。



敏感肌の人は無添加のクレンジングミルクを選ぶべき?




クレンジングミルクと一口に言っても、



そのすべてが肌に対して刺激がない!とは言い切れません。



クレンジングミルクに配合されている成分に反応して、肌が荒れてしまうケースも珍しくないんですよ。



その成分の代表格が、添加物です。




添加物とは?




食品添加物、というのは耳にする機会がある人も多いかもしれませんが、



化粧品にも以下の理由で科学的な添加物が使用される場合があります。




  • 品質の劣化を防ぐため(パラベンなど)

  • 品質を長持ちさせるため(パラベンなど)

  • 科学的に乳化させてメイクを落とすため(界面活性剤など)

  • 香りを出すため(香料、合成香料)

  • 色を出すため(着色料)

  • 科学的に清涼感など出すため(アルコールなど)

  • 殺菌するため(アルコールなど)

  • 肌に対する美容効果を高めるため(旧指定成分)




  • 特にクレンジングミルクの場合は、界面活性剤やパラベン、香料などが使われている事があります。



    もちろん、厳しい品質チェックの上で出回るので、



    肌に対して悪影響を与えにくいとされているものではありますが、



    バリア機能が弱まっている敏感肌の場合、できるだけ添加物を使用していないクレンジングミルクを選びたいものです!



    無添加のクレンジングミルクは本当に安全?




    「無添加」表記のあるクレンジングミルクを選べば安心!



    …なんて思いがちですが、無添加と言っても「どの成分が無添加なのか?」は個々によって異なりますし、



    完全なる無添加というのはほとんどと言っていいほど存在しません!



    そもそも、無添加の表記自体もメーカーによって認識が異なりますから、



    暗に無添加だから肌に安心とは言い切れないのです。



    無添加のクレンジングミルクといっても、どんな添加物が入っていないのかを成分的に分析していくとパーフェクト。



    とはいえ、カタカナばかりで見慣れない成分表とにらめっこしても、何が何だかさっぱりわかりませんよね…。



    では、成分的に何を基準にしてクレンジングミルクを選べばいいのでしょうか?



    スポンサーリンク




    敏感肌には植物由来の成分を配合したクレンジングミルクがオススメ!




    ここで結論に近づいてしまいますが、



    科学的な成分ばかりで構成されているクレンジングミルクよりも、



    植物由来の成分を配合したクレンジングミルクなら、敏感肌でも優しくメイクオフする事が可能です!



    思い返せば、人は医学が発展していない時代から植物の持つ効能に頼って生活してきましたよね。



    (漢方薬や健康茶などがいい例です)



    一部の植物には、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているので美肌サイクルを整えてくれる効果が期待できますし、



    オリーブやホホバなどから抽出した油分でメイクを落とすこともできます。



    界面活性剤にも、植物由来の界面活性剤というものが存在しますので、



    石油由来の合成界面活性剤に比べると肌に対する刺激がはるかに少ないんです。



    敏感肌の人は、



    クレンジングミルクの中でも植物成分が多く含まれているタイプを選ぶのがポイントですよ!



    (※特定の植物にアレルゲンを持っている場合は話が変わってきます。詳しくはメーカーに問い合わせてみてください。)




    敏感肌にオススメのクレンジングミルク・2つをご紹介!




    クレンジングミルク2選


    上記のポイントを踏まえ、



    敏感肌の方にすすめたいクレンジングミルクを2つピックアップしてみました。




    クレンジング選びの参考にしてくださいね!



    1:シアーナクレンジングミルク/マルティナオーガニックスキンケア




    出典: http://www.cosme.net/
    出典: http://www.cosme.net/




    [150ml 3,800円]



    こちらは敏感肌のために開発されたライン・シアーナシリーズのクレンジングミリク。



    植物成分であるシアバターを配合していることで、



    メイクオフしながら肌の炎症や過敏反応を防ぐほか、肌荒れしないよう保護してくれます。



    主成分はオリーブ油とシアバターといった植物由来成分を使用しており、



    科学的な成分をほとんど含まないオーガニックコスメです。






    2:モイストクレンジングミルク/チャントアチャーム




    出典: http://www.cosme.net/
    出典: http://www.cosme.net/




    こちらはチャントアチャームの乾燥肌ライン。



    天然の植物成分を豊富に配合したオーガニック製品でありながら、



    クレンジング力に優れているのもポイントです。




    肌になじませるとミルクがオイル状になり、落ちにくいメイクや皮脂汚れを優しく浮かせてくれます。



    水に触れると再びミルクに戻るので、



    肌にうるおいを残しつつしっとりと洗い上がります。






    セブンイレブンで手軽に手に入るクレンジングミルクも、お手軽さとして選択肢に入れておいてもいいですね。



    ⇒パラドゥ・クレンジングミルクはマツエクOK?成分を徹底解析!



    敏感肌向けのクレンジングミルクを探してみよう!




    いかがでしたか?



    おさらいになりますが、敏感肌の原因は肌の乾燥にあります。



    天然のうるおい成分が含まれているクレンジングミルクで、



    肌のうるおいを守りながらメイクを落としてくださいね。



    もちろん、日頃の保湿ケアもしっかり行いましょう。



    ★ミルクよりさっぱりしたクレンジングがいい!という方はこちらのクレンジングジェルもおすすめ★



    sponsored link