洗顔ブラシ メリット&デメリット




こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



プロアクティブのCMでよく見かける洗顔ブラシ



ニキビはもちろん、毛穴の黒ずみに効果があるとされていますが本当なのでしょうか?



そこで今回は、洗顔ブラシのメリットやデメリット、



使用上の注意点や効果的なの使用方法についてまとめていきたいと思います。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





鼻の毛穴の黒ずみには洗顔ブラシが効果的?




洗顔ブラシで毛穴の黒ずみは落とせる?




現代ではあまり見かけることが少なくなった洗顔ブラシですが、



今でも年配のお客様を中心に需要があるようです。



実際に私が勤めていた化粧品メーカーでも、洗顔ブラシをお求めになるのは年配のお客様が多かったです。



しかしながら、私が勤務しはじめてから間もなく洗顔ブラシの製造は中止になりました。



「洗顔ブラシは肌にとって刺激が強すぎる」という風潮があったからです。



では、洗顔ブラシで毛穴の黒ずみを落とすことは可能なのでしょうか?



スポンサーリンク




鼻の毛穴の黒ずみは洗顔ブラシで落ちる?メリット・デメリットを紹介!




それでは、洗顔ブラシのメリットとデメリットを見ていきましょう。



洗顔ブラシは肌にとって本当に刺激が強いのか?



また毛穴の黒ずみは本当に落ちるのでしょうか…?



メリット




まずは洗顔ブラシのメリットからご紹介します。



1.ゴワツキやくすみが除去できる




毛穴の黒ずみの原因になる、古い角質や角栓。



通常のクレンジングや洗顔ではなかなか落とせません。



ですが、洗顔ブラシの程よい刺激によって古い角質や角栓を除去することができます。



肌表面のゴワツキやくすみがなくなるため、毛穴の黒ずみを除去しやすくしてくれます。



2.洗い残しがなくなる




手元で洗顔すると、小鼻や目元のキワなど細かい部分にまで行き届かず、



メイク汚れや皮脂が付着したままになる場合があります。



結果的に、洗い残したメイク汚れや皮脂が毛穴に詰まってしまい、



酸化してしまうことで黒ずんでしまいます。



対策として洗顔ブラシを使えば、ブラシの回転で顔全体に均等にブラッシングできるため、



細かい部分の洗い残しを防ぐことができます。



3.マッサージ効果が期待できる




洗顔ブラシの回転による細かい振動が、肌に心地よいマッサージ効果を与えます。



このマッサージ効果により、毛穴の奥の老廃物が排出されやすくなりますし、



顔全体の巡りを良くしてくれるのでアンチエイジングにもなります。



しかもできれば肌への負担を極力抑えてマッサージ効果を得たいですよね。クレンジングや洗顔時の温感効果で毛穴の汚れを落とすというのもマッサージしたのと同じ効果が得られます。当サイトでもたびたび紹介している、マナラホットクレンジングゲルがそれにあたりますね。



⇒マナラホットクレンジングゲルの口コミ&使い方!水分量計測&写真で効果検証!



4.化粧水の浸透が良くなる




洗顔ブラシによって肌表面の古い角質や角栓、毛穴汚れが洗浄できれば、



化粧水の浸透が良くなります。




結果的に肌トラブルを予防しスキンケアすることにも。



高い化粧品を買い揃えるよりも、きちんとしたケアを施すことができます。



デメリット




ではデメリットについてご紹介していきます。



1.乾燥肌や敏感肌の人にとって刺激が強い




どんな肌質の人であれ、使い始めは痛みを感じることがあるでしょう。



もちろん、手で洗うよりも刺激が強いからです。



これが脂性肌(オイリー肌)の人の場合、



皮脂分泌される毛穴そのものを洗浄できるので、洗顔時の刺激をあまり気にしなくても良いのですが、



乾燥肌や敏感肌の人の場合は刺激が強く、洗浄力の高さで肌の潤いが奪われるため肌荒れの原因になる危険性も考えられます。



2.ニキビが悪化する恐れがある




一部ではニキビ肌にも推奨されている洗顔ブラシですが、



ニキビの進行状況によってはニキビが治るどころか悪化する危険性が考えられます。



例えば、炎症を起こして痛みを伴う小鼻などに出来る黄ニキビの場合、



ブラシの刺激でニキビが潰れてしまうと、凹凸や色素沈着などのニキビ跡が残ることがあります。



あくまでも、毛穴をキレイにしてケアすることでニキビを「予防する」ので、



ニキビが広がっている人には積極的にお勧めできません。



3.使用方法によって肌荒れする危険性がある




洗顔ブラシは使い捨てではありません。



毎日の手入れや保管方法をきちんとしておかなければ、



ブラシに雑菌が繁殖し、顔に雑菌を広げてしまうことになりかねません。



また、洗顔時にブラシを当てる時間を長めにしてしまうと摩擦が起きやすく、



肌荒れの原因になる危険性もあります。



きちんとした使用方法に加え、保管方法や手入れで手間がかかってしまうのもデメリットと言えるでしょう。



sponsored link




洗顔ブラシで毛穴の黒ずみを取り除く効果的な使用方法と注意点




泡立てツールとしておすすめ!




それでは、次に洗顔ブラシを効果的に使うための効果的な使用方法と注意点をご紹介します。



デメリットでもお伝えしましたが、敏感肌や乾燥肌の人は使用を見合わせましょう。



ただし、いちご鼻などの部分的な使用は、肌の様子を見て行うこと。



そして使用の際は、洗顔ブラシを肌に強く押し当てないようにすることです。



洗顔前には、洗顔料をしっかり泡立てて顔全体に塗布し、



その泡をクッションにしてブラシで洗顔してください。



そして、1箇所につき15〜20秒程度で終わらせること。



長時間の使用は肌に刺激を残すので、手際良く行ってくださいね。



ブラシを清潔に保とう




当然ですが、ブラシは毎回洗うようにしましょう。



洗顔後のブラシには、洗浄剤や皮脂、汚れがたくさん付着しています。



さらに、洗った後に十分乾燥させなければ雑菌が繁殖してしまいます。



洗った後は湿気の少ない場所で乾かしましょう。



また、ブラシの種類によっては洗剤の使用が不可という場合があります。



もっとも、洗剤の使用で毛先が傷んでしまうパターンも良くありますから、



冷水もしくはぬるま湯で十分に洗い流せば問題ないでしょう。



洗顔ブラシで毛穴の黒ずみを落とすおすすめの使用方法




では、肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみを落とすにはどうしたら良いのか?



おすすめの使用方法をご紹介します。



…といいましても、正直私自身は洗顔ブラシの使用を推奨していません。



やはり、どんな肌質であっても肌に刺激を与えてしまうからです。



そこでおすすめするのが、泡立てのツールとして洗顔ブラシを使うということ!



どれだけ泡立ちが良いと謳われている洗顔料でも、



手元や泡立てネットでは限界がありますよね。



そんな時に洗顔ブラシを使って泡立てると、



弾力のあるもっちりとした泡がたっぷり作れます。



この泡を使えば、毛穴に入り込んで小鼻などの黒ずみをしっかり除去してくれますし、



肌の潤いを奪いすぎずに済みます。



もしも手元に洗顔ブラシがあるという人はぜひ試してみてくださいね。



おすすめの洗顔料について以下のサイトで詳しく紹介していますので、ぜひご参考くださいね。



⇒鼻の下に出来た毛穴の黒ずみを取る方法は?おすすめ洗顔料3点!

⇒毛穴の黒ずみをオフする洗顔料『黒炭バブルジェリー』の効果・口コミ

⇒顔の頬に出来た毛穴黒ずみ解消方法!おすすめスクラブ洗顔とは?



洗顔ブラシで鼻の毛穴の黒ずみを除去しよう!




いかがでしたか?



美容家の間でも、洗顔ブラシは賛否が分かれるところではありますが、



正しい使用方法を守ってこそ肌に対して安全に使い続けることができます。



もしも使用を検討している人は、



毎日ではなく週に1回程度から始めるようにしましょう。



矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる