オイルで黒ずみを除去する方法の女性イメージ




こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



クレンジングオイルが苦手という女性が多いですよね。



その理由として、乾燥しやすくなったりするという意見が多いのですが、



なかにはクレンジングオイルで毛穴汚れが増えてしまったという意見も。



クレンジングオイルで毛穴トラブルは起きるのでしょうか?



検証と、クレンジングオイルで毛穴汚れを取り除く方法についてご紹介します。



 

スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





クレンジングオイルで毛穴汚れは起きてしまうのか?




クレンジングオイルで毛穴汚れはおきるかについて驚いた表情の女性イメージ




実際に私が接客したお客様にも、クレンジングオイルで毛穴トラブルに見舞われた方がいらっしゃいました。



これは本当なのでしょうか?



実は、クレンジングオイルそのものが毛穴トラブルに直結するわけではありません。



使用する過程の中で自ら毛穴トラブルを引き起こしてしまうのです。



高いクレンジング力が仇となって毛穴トラブルは起きる




クレンジングオイルは、他のクレンジング剤に比べてクレンジング力が段違いに高いのが特徴です。



そのため、洗いすぎてしまうと肌に必要な皮脂を奪ってしまうことがあります。



本来、顔表面の皮脂はすべて取り除く必要はありません。



皮脂と汗が混ざり合ってできる天然の保湿クリーム・皮脂膜が、肌の潤いやバリア機能を高めます。



その皮脂膜(肌)で必要な皮脂が奪われてしまうと、肌は乾燥を引き起こしさらに皮脂を分泌します。



次第に皮脂分泌が過剰になってしまい、毛穴詰まりが発生。



よって毛穴トラブルに繋がってしまうのです。



すすぎ残しもトラブルの原因に




また、先述の洗いすぎの逆・洗い残しも毛穴トラブルを引き起こす原因となります。



いくらクレンジング力の高いオイルを使っていても、メイク汚れが入り込みやすい目元や小鼻、口元などにクレンジング剤が行き届かないと、



毛穴にメイク汚れが詰まったり色素沈着を起こしてしまいます。



またすすぐ過程でしっかりすすがなければ、これも毛穴汚れや色素沈着になることも。



誤った使い方で毛穴トラブルは起きてしまう




上記の二つを踏まえて感じることはありませんか?



ピンときた人は鋭いです。



二つとも誤った使い方から来ている毛穴トラブルなんですよ!



クレンジング力の高いオイルの場合、特にスピーディーに落とさなければなりません。



クレンジング時間は30秒から1分。



そして、20〜30回程度ぬるま湯でしっかり洗い流します。



この方法で、今まで使っていたクレンジングオイルによる毛穴トラブルから解放された方がたくさんいらっしゃいます。



スポンサーリンク




クレンジングオイルの界面活性剤で黒ずみが起きる?




クレンジングオイルの界面活性剤で黒ずみが起きるのかについて鼻の高い女性のイメージ




「誤った使用方法なんてしてない!クレンジングオイルの界面活性剤が肌に合わないんだと思う」



そうおっしゃるお客様もいらっしゃいました。



確かに、ヒアリングするとクレンジング方法に誤りはありませんでした。



ですが、界面活性剤が毛穴トラブを引き起こすのかと言われれば、それも誤りなんです。



そもそも、界面活性剤は私たちの身の回りに当たり前のように存在する化学物質です。



クレンジング、石鹸、乳液、クリーム、コスメ品といった化粧品はもちろん、



歯磨き粉やマヨネーズ、ソフトクリームにも界面活性剤は使われているのです。



どれだけ界面活性剤に敏感な方でも、実は界面活性剤を口にしているとは思っていないのかもしれませんね。



とはいえ、化粧品に使われる界面活性剤には合成のものと天然のものがあり、



合成(石油系)の場合は敏感肌の人にとってトラブルになり得る可能性もあります。



敏感肌の人は、合成界面活性剤を避けたほうが良いですね。



とはいえ、クレンジングオイルや洗顔に使用されている界面活性剤はメイク汚れをクレンジング剤をなじませる(親油性・親水性)ために存在しています。



界面活性剤そのものが毛穴の黒ずみの直接的な原因となることは考えにくいと言えます。



sponsored link




毛穴トラブルの原因を探ってみよう




ちなみに、先ほどの界面活性剤で毛穴トラブルになったというお客様の話ですが、



毛穴トラブルが改善しなかった理由は肌表面のくすみが原因でした。



毛穴に酸化した皮脂やメイク汚れが残ったままターンオーバーが滞ることで、古い角質が肌表面に覆いかぶさります。



この古い角質は、顔が黒ずんでいたりくすんでいるとよくわかるのです。



古い角質を取り除かなければ、いくら正しいクレンジングを行っていたとしても毛穴汚れを落とすことができません。



お客様には、角質軟化作用のある拭き取り化粧水を使っていただいた上で、正しいクレンジング方法を行ってもらいました。



もちろん、毛穴汚れはスッキリ落とすことができました。



くすみ以外にも、毛穴トラブルになる原因はいろんなところに隠れています。



まずは自分の肌質、そして肌トラブルの原因を広い範囲で探してみてはいかがでしょうか。



そこでメイク落としの他に洗顔と温感による角質ケア、美容パックも兼ね備えたラフラのクレンジング『バームオレンジ』がおすすめですね。以下のサイトで詳しくまとめたので参考にしてくださいね。



⇒毛穴すっきり!ラフラのクレンジング『バームオレンジ』を徹底特集



クレンジングオイルを使った毛穴の黒ずみ解消法




それでは冒頭で触れた正しいクレンジングオイルの使い方を踏まえて、



毛穴の黒ずみを除去する方法についてご紹介します。



まず、蒸しタオルを用意して顔に乗せます。



スチーマーがある方はそれを利用するのもOKです。



高温多湿により血行が良くなり、老廃物が排出しやすくなるとともに毛穴が優しく開いてくれます。



そして、クレンジングオイルをいつもよりも気持ち多めにとり、



顔全体になじませます。



小鼻や目元、口元などの細かい部分は、指の腹を使いながら擦りすぎないようにクルクルとなじませてください。



これを30〜40秒程度で済ませ、オイルにメイクが浮いてきたのを感じたら、



濡らした手で顔全体のオイルを乳化させます。



そして32℃くらいに調整したぬるま湯で、20回程度すすぎます。



これを毎日行ってください。



また、週1回ピーリング作用のある洗顔を併用すると効果的です。



毛穴パックのように一度で毛穴汚れを落とす方法ではありませんが、



肌に最も優しい方法なのでぜひお試しくださいね。



矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる