プチプラ限定の鼻パック


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



鼻の角栓や黒ずみ、なかなか取れなくて苦労しますよね。



しかし、最近では安価な鼻パックも多数販売されており、



注目度は上昇する一方です。



安いけど本当に効果があるのか?そんなことも気になりますよね。



そこで今回は、プチプラ限定の鼻パックを紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





鼻パックの値段は?安価な値段の鼻パックがいっぱい!




この間たまたま見つけてびっくりしたのですが、



最近では100円ショップにも鼻パックが販売されているんです!



とはいえ、私も臆病なのですぐに手を出すわけにはいかず…



値段はもちろんピンキリではありますが、プチプラ商品であれば、1000円前後の予算で手軽に購入することができますね。



ここで気になることは、価格と効果は関係するのか?ではないでしょうか。



そこで今回、格安の鼻パックの情報を集め、そのメリット・デメリットをまとめてみました。



5つの厳選プチプラ商品のメリット・デメリット!




5つの厳選プチプラ商品


ここからは、1000円前後で販売されている鼻パックを5つご紹介します。



いずれもネットの口コミサイトで話題になっているものをピックアップ!



前半は貼るタイプのパック、そして後半は洗い流すタイプのパックとなります。



それぞれのメリットやデメリットも、美容部員としての目線で冷静に分析してみたので、



ぜひ参考になればと思います。



また口コミも紹介しているので、こちらもチェックしてみてくださいね。



ザ・ダイソー 小鼻すっきり炭パック(108円/4枚)




私が100円ショップで見つけたのがこちらの小鼻すっきり炭パック。



4枚入りなので、1枚当たり約25円とコスパも優れていますね。



炭の吸着力で毛穴の角栓や黒ずみを落とす仕組みになっています。



メリット&デメリット




炭といえば、冷蔵庫用で販売されている脱臭炭のようににおいを吸着するイメージが強いですよね。



化粧品に使われている炭は主に洗浄補助成分として使われており、



毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を吸着する効果が期待されています。




また黒色のシートなので、角栓がどれだけ取れたのかも一目瞭然。



このあたりは大きなメリットと言えるでしょう。



デメリットと言えば、口コミにも多く投稿されていましたが臭いがきついという点です。



また汗をかいてしまうと、黒い糊の部分が肌に残ってしまうという指摘も。



安かろう悪かろう、ということなのかもしれませんが、



炭の臭いが気になる人や敏感肌の人は避けたほうがよさそうです。



口コミ





ずーっと昔に使ったビオレの鼻パックよりも汚れが取れた気がしました。特別肌荒れもないし、何より安いから定期的に使おうと思います!


炭の臭いが思った以上にきついです。はがした後に跡が残るし、使い方が間違っているのかな…?リピートは今の所なしです。


ビオレより効果はないけど、100均にしてはよく落ちると思いますよ^ ^ハサミで切るとフィットしやすいから、剥がれやすい人はぜひ。




スポンサーリンク




ソフティモ 薬用ホワイトパック(500円/10枚)




ドラッグストアでも洗顔やクレンジングが多く販売されているソフティモ。



プチプラブランドとしても有名ですね。



10枚入りなので1枚当たり約50円。



週1回使うとしても2ヶ月以上は持ちますね。



角栓の表面を柔らかくして毛穴を緩めるので、皮脂や古い角質を吸着して透明感のある肌にみちびきます。



メリット&デメリット




通常、鼻パックは毛穴が閉じた状態から無理やり角栓を取り除く仕組みになっているので、



開いた毛穴が閉じにくくなってしまうというデメリットがあります。



しかし、この薬用ホワイトパックには植物性の引き締め成分を配合しているので、



顔全体を引き締めて毛穴を目立たなくさせる効果があります。



デメリットとしては、小鼻用のパックであるため鼻の頭の毛穴汚れが落ちにくいという点。



あとは粘着力が強いという指摘もあり、剥がす時に肌を傷める可能性があるようです。



口コミ





ジェルと併用したらよく取れます。ネットでの評価は低かったけど、思った以上に角栓が取れたのでそこそこ満足しています。


剥がす時にベリッてして痛かったのに、取れた角栓はたったの2つだけ…結果肌を傷つけただけで終わり。期待値が大きすぎた。


パッケージのホワイトの文字に惹かれて購入したけど、爽快感を感じるほどの効果は無し。ビオレよりは安いからその点はいいかもしれない。




ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 白色タイプ(オープン価格/10枚)




こちらも洗顔料やクレンジング、ボディソープでおなじみのビオレ。



ビオレだけでも、鼻パックは5種類展開しているのでどれを選ぼうか悩む人も多いはず。



この白色タイプは、数ある中でも最もベーシックなタイプの鼻パックとなっており、



毛穴汚れが一度でスッキリ取れるようになっています。



1箱400〜500円程度なので、コスパも先ほどのソフティモと変わらないですね。



メリット&デメリット




鼻パックといえばビオレと言わんばかりのビオレ代表商品ですが、



小鼻用ということで立体裁断シートを裁断しており、



通常の鼻パックで剥がれやすい小鼻のキワまでしっかりフィットするように作られています。



一度ではなく、使い続けることで毛穴が目だにちくくなるという説明がありますが、



やはり開いてしまった毛穴を閉じないことには黒ずみが慢性化してしまいます。



また鼻を湿らせた状態で使用しないと剥がす時に強い刺激を与えかねないので、



正しい使用方法をきちんと守るようにしましょう。



口コミ





昔からあるビオレの鼻パックを久しぶりに体験!昔のビオレに比べて乾く時間が早くなったし、角栓もよく取れるようになりました!(歳のせい?)きになる時に使うようにします。


蒸しタオルで鼻を温めたから使うとすごく効果がありますよ!使いすぎないように気をつけているけど、あの取れたときの快感がやみつきになります〜・


やっぱりこういう鼻パックは使うもんじゃないって思いました。毛穴がパーって開いちゃうし、肌を傷めている気がして。。皮膚が薄い人は使わないほうがいいです。




オルビス CARE-NAほっとクールジェル(1400円/60g)




ここからは洗い流すタイプの鼻パックになります。



「オイルカット」で有名なオルビスの鼻パックは、



シートタイプのパックと比べると少々値が張りますが、使用頻度を考えると実はシートと変わらないくらいのコスパです。



ジェルを塗ると温感効果で毛穴がゆるみ、洗い流した後は冷感効果で毛穴が引き締まるという仕組みになっています。



コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分を配合しており、乾燥肌にも使えるタイプになります。



メリット&デメリット




スクラブを配合しているパックなので、付ける際にマッサージをすると毛穴の奥の汚れを絡めて落とす効果が期待できます。



また炭も入っているので、相乗効果で汚れを吸着してくれるのが嬉しいですね。



そして、キメを整える吸着型ヒアルロン酸を配合しているので毛穴を目立ちにくくさせるのもメリットの一つです。


反面、パックほどの吸着力がないため即効性を求めるなら厳しいといった評価。



ただ、肌への負担を考えるとCARE-NAホットクールジェルのようなタイプがおすすめです。



口コミ





じんわり温まってきた時に、毛穴が開いているような気がします。ひんやりした後にも毛穴がキュッと締まるような感じがして、鼻のブツブツが滑らかになりますよ!


2ヶ月使ってみたけど改善は見られませんでした。ただ、温感効果と冷感効果は確かにあります。洗い流した後のすっきり感は良いと思います。


ホットジェルということで洗い上がりのさっぱり感は気持ちいいけど、角栓や黒ずみは取れません。




ナリスアップ コスメティクス ナリスアップ毛穴すっきりパック(20g700円)




ドラッグストアのプチプラコーナーで見かける、ナリスアップ毛穴スッキリパック。



こちらも洗い流すタイプの鼻パックとなっており、オルビスに比べると販売価格は安いですが、



内容量と価格を比べるとコスパはやや高めという印象を受けます。



また炭を配合しており、毛穴汚れを吸着する仕組みになっています。



メリット&デメリット




肌を滑らかにする成分として卵の殻エキスを配合しているので、



パック後の肌がすべすべになります。



また剥がす際もソフトに剥がせるので、肌に負担がかかりにくくなっています。



また黒色のパックなので、角栓が取れたかがわかりやすいのもメリットです。



デメリットとして、乾くのに時間がかかってしまう点が挙げられます。(20分ほど)



肌全体の乾燥を防ぐためにも、湯船に浸かりながら行ったほうが良いかもしれませんね。



口コミ





頑固ないちご鼻には効果が見られませんでした。ただ、貼るタイプに比べると肌に優しいから何度か使用してみて様子をみようと思います!


角栓は、ビオレのほうがよく取れます!広範囲に濡れるという点や、眉間とか鼻以外の場所に使えるという点はいいかも。


使い方が複雑だから、最初のうちはちょっと面倒かも。ただ、シートのように剥がれたりせずちゃんとフィットするからいいんじゃないでしょうか。




他にも意外なアイテムでオロナインやニベアなどで鼻パックをする方法もあるんですよ!以下のサイトからチェックしてくださいね。



⇒オロナインで鼻パック!剥がしても痛くない正しいやり方とは?

⇒ニベアの鼻パックで毛穴の角栓が取れるの?効果と方法まとめ!

⇒オロナインとワセリンの鼻パック比較!毛穴の黒ずみにいいの?



値段=効果じゃない?鼻パックの注意点




今回ご紹介した鼻パックはいずれも低価格ですし、



週1の使用頻度で考えるとコスパも良いように感じます。



ただ、価格が安いパックシート(特にシートパック)は粘着力だけで角栓を取りますし、



価格が上がるにつれて美肌成分が配合されているのは間違いありません。




実際に私が接客したお客様にも、プチプラの鼻パックシートで肌を傷めてしまった方がいらっしゃいました。



その時にクレイパックに切り替えてもらうように案内したのですが、



ターンオーバーが改善されて傷めた肌が修復し、さらには毛穴の黒ずみやざらつきが解消したというお声をいただきました。



安いから悪い、というわけではありませんが、



鼻パックを検討している人には、コスパよりも肌の負担が一番少ないタイプを選んでいただきたいです。



クレイパックのように汚れを吸着する美容成分が配合されていたり、毛穴を引き締める成分が配合されていると長い目で見て黒ずみの再発を防ぐことができますよ。



sponsored link




お手頃な値段の鼻パックを上手に取り入れて毛穴レスな鼻に♪




目指せ!毛穴レスで綺麗な鼻!


いかがでしたか?



今回ご紹介した鼻パックは、それぞれ良い面も悪い面もお伝えしてきましたが、



パックを使用する際は乾燥させないように気をつけることと、鼻をあらかじめ湿らせておくことがポイントです。



お手頃価格の鼻パックを使用する際は、正しい使用方法や注意事項をしっかり守ってくださいね。



矢印 現役美容部員おすすめのマナラホットクレンジングジェルの口コミを見てみる