間違ったケア方法と正しいケア方法


こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



これまで、鼻の角栓についてなんども記事で取り上げてきましたが、



そもそも鼻の角栓ができてしまう理由や、悪化させている原因について深く考えたことはありますか?



あなたの間違ったスキンケアで、角栓が悪化する可能性も十分にあるんですよ!



角栓が臭いという人は要チェック!



⇒鼻の角栓が臭いのは何故?原因と5つの対策まとめ!



そこで今回は基本的なおさらいを兼ねて、



鼻の角栓に対する間違ったケア方法と正しいケア方法を両方ご紹介したいと思います。




スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





鼻の角栓、どのようにケアしていますか?




鼻の角栓や黒ずみを一掃するケアとして有名なのが、シートタイプの鼻パックですよね。



長らく販売されている理由も、その効果が証明されているからだと思っています。



ただし、角栓をただ取り除くだけではダメですよね。



開いた毛穴を引き締めたり、角栓の元になる古い角質や皮脂を溜め込まないようにするスキンケアも重要になってきます。



皮膚科で治療というのも気になるところ!以下のサイトを参考にしてくださいね。



⇒鼻の毛穴の角栓や黒ずみは皮膚科でケア!7つの方法の特徴と費用は?



間違ったスキンケアで角栓はさらにひどくなってしまう!




良かれと思っていたスキンケアが、かえって角栓を悪化させているのだとしたら、



角質ケア以前にすぐに改善しなくてはなりません。



間違ったスキンケアで、肌が乾燥したり角質層にダメージを与えてしまうと、



角質が肥厚化したり皮脂分泌が活発になるため毛穴詰まりを起こし、角栓を生み出してしまいます。



私自身、角栓にお悩みの方には必ずスキンケア方法を伺うようにしており、



大体の場合が、誤ったスキンケアで角栓を作っているというパターンでした。



それでは次に、鼻の角栓に対して絶対に行ってはならないスキンケア方法からご紹介します。



スポンサーリンク




鼻の角栓にNGなスキンケア方法・5つとは?




角栓にNGなスキンケア方法5つ


それでは、角栓を生み出したり悪化させてしまうNGケア方法をご紹介します。



当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。



1.シートパック




即効性があることで話題の、部分用のシートパック。



強力な粘着力によって、毛穴に詰まった角栓を引っこ抜いてくれますが、



角栓とともに健康な角質まで取り除いてしまうため、



肌のバリア機能が停滞してしまい、ひどく乾燥してしまったり、肌がトラブルを起こしやすくなってしまいます。




また毛穴の奥が広がってしまうため、毛穴詰まりを起こしやすくもなります。



即効性に惹かれて使ってみたい気持ちはわかるのですが、



根本的に角栓を取り除きたければ使用するのをいますぐに控えましょう。



2.洗顔ブラシやコメドプッシャーなどの器具




角栓を直接ケアする器具も多数販売されています。



例えば、洗顔ブラシやコメドプッシャーなどですね。



ただし、正しい扱い方が難しい上に角栓や角質に直接刺激を与えかねないため、



かえって角栓が悪化してしまう恐れがあります




肌への刺激や摩擦は角栓の悪化のみならず、酸化してしまう原因となるので十分に注意しましょう。



3.洗顔時の肌への摩擦




洗顔時に、ぽつぽつと気になる角栓をゴシゴシこすっていませんか?



ゴシゴシこすってしまうことで摩擦が生じてしまい、



角栓が悪化したり、色素沈着を起こしてシミになる可能性があります。



たっぷりの泡で優しく洗うようにすれば、古い角質や皮脂、角栓を無理なく落とすことができます。



ゴシゴシ洗いは厳禁ですよ!



4.長時間の洗顔&クレンジング




また角栓を落とすために、洗顔やクレンジングでつい長めにマッサージしてしまうことはありませんか?



洗顔やクレンジングのなかには、マッサージしながら使うと角栓が取れやすいと謳っているものがたくさんありますが、



実のところ、専門家の間ではマッサージによる角質ケアは意味がないという見方もあります。



むしろ、長時間の使用で肌に必要な皮脂が奪われてしまうので、



肌が急激に乾燥して皮脂排出をさらに促してしまう危険性も考えられます。



特に合成界面活性剤を使用した洗顔やクレンジングは洗浄力が強いため、



長時間の使用は絶対にやめてください。




5.過剰な保湿ケア




皮脂コントロールのためには十分な保湿ケアも確かに必要です。



ただし、油分の多い乳液やクリームをたっぷりつけてしまうことで、



毛穴詰まりを起こし角栓ができやすい肌質になってしまうんです。




また大人ニキビや肌荒れの原因にもなるため、



“やりすぎ”ないように注意しましょう。



鼻の角栓を綺麗になくす正しいスキンケア方法5つまとめ!




正しいスキンケア方法5つ


ここからは、鼻の角栓を綺麗になくすための正しいスキンケア方法をご紹介します。



一部、先ほどのNG例に基づいている部分もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。



1.睡眠時間や食生活の改善




美肌づくりはスキンケアだけで行うものではありません。



ターンオーバーを促し、毛穴に老廃物や皮脂が詰まらないようにしていくためには、



普段の生活で規則正しい睡眠や食事を行う必要があります。




例えば睡眠時間。



22時から深夜2時までの間は、お肌のゴールデンタイムと言われている時間帯で、



成長ホルモンの分泌によりターンオーバーが活性化しやすくなります。



つまり、この時間には就寝しておかないとターンオーバーが滞ってしまい、



角栓ができやすくなったり解消しづらくなったりしてしまいます。



また食生活においても、脂質や糖質の多い食事は皮脂分泌を過剰にさせてしまい、



思わぬ毛穴トラブルを引き起こしてしまいます。



睡眠時間の確保と、バランスのとれた食生活で角栓ができない肌作りを目指しましょう。



2.UVケアの徹底




紫外線による影響は、肌表面の日焼けだけではありません。



角栓の元である皮脂や老廃物が参加してしまい、角栓の黒ずみがどんどん目立ってしまいます。



また、紫外線は体内の活性酸素を増やしてしまい、



細胞が錆び付くことでターンオーバーが滞ってしまいます。



すると角栓の解消はおろか、余計にひどくなってしまう場合も…。



毎日の日焼け止めはもちろんのこと、日傘や帽子などで物理的に紫外線をシャットアウトしてくださいね。



3.洗顔時に毛穴を緩めておく




角栓が毛穴に埋まっている場合、それをスムーズに排出させるための事前ケアが必要となります。



その最も手軽な方法が、蒸しタオルを顔に当てて毛穴を緩めることです。



十分に湿らせたタオルを、500Wのレンジで2分ほど温めて使用します。



毛穴の奥から余分な皮脂や老廃物もじわーっと排出されるため、



角栓が落としやすい肌環境になりますよ。



ケアの後は、冷感ジェルや収れん化粧水を使ってゆるんだ毛穴を引き締めるようにしましょう。



その辺をじっくりと、プロのゴッドハンドでしてもらうにはやはりエステがおすすめ!以下のサイトもチェックしてくださいね。



⇒鼻の角栓向けエステの人気ランキングTOP3!通うメリットとは?



4.たっぷりの泡でサッと洗う




先ほどのNGケア方法に基づいている部分ですが、



摩擦と洗いすぎを防ぐためにも、洗顔ネットで十分に泡立てた上で、



その泡で皮脂汚れを吸着し、20〜30秒程度でさっと洗い流してください。




また、お風呂で洗い流す際は蛇口やシャワーの温度に注意です。



湯船やシャワーを使うときの42℃前後のお湯を使ってしまうと、肌が急激に乾燥する恐れがあります。



32℃程度のぬるま湯を使って、やさしく洗い流してくださいね。



他に手軽に鼻の角栓を取る方法にクレイパックや綿棒を使った方法もありますので、以下のサイトを参考にしてくださいね。



⇒鼻の角栓向けクレイパックのメリットは?おすすめ3商品まとめ!

⇒鼻の角栓を綿棒で除去する方法は?おすすめのオリーブオイルは?



5.適度な保湿ケア




こちらもさきほどのNGケア方法の裏返しになりますが、



油分の多いスキンケアは控えるようにしましょう。



特に脂性肌の人は、水分量の多いジェルタイプの保湿アイテムが使いやすいと思います。



また、ファンデーションもこっくりしたクリームタイプやリキッドファンデーションよりも、



パウダーやルーセントパウダーでさっと仕上げたほうが良いくらいです。



ファンデーションやコンシーラーで鼻の角栓をカバーするときには、



三角スポンジなどを上手に使って、やさしくムラなく塗布してあげると良いでしょう。



sponsored link




正しいケアで鼻の角栓とおさらばしよう!




いかがでしたか?



角栓対策のピーリングやスクラブ洗顔、酵素洗顔など過去にいくつか紹介してきましたが、



それ以前に今のスキンケアが正しいかどうか必ず見直してください。



専用アイテムを追加しなくとも、正しいスキンケア方法に戻すだけで症状が緩和される場合もよくあるんですよ。



ぜひ、角栓にお悩みの方は参考にしてみてください。



矢印 現役美容部員が厳選したホットクレンジングジェルの人気ランキングを見てみる