こんにちは、美容コンサルタントの香奈子です。



今回ご紹介するのは、フランス発の老舗コスメ・ゲランのクレンジングクリームです。



ゲランといえばフレグランスが有名ですよね!



クラシカルで高級感あるブランドイメージに、一目惚れした人も多いはず。



そんなゲランブランドのクレンジングクリーム、



クレンジングの使用感や美容効果などはいかほどなのでしょうか?



詳しいクリーム成分の詳細やゲランの紹介なども交えながらご紹介します。



ちなみに似たような言い方でコールドクリームがクレンジングクリームの役割も果たすのか、気になる方は参考にしてください。



⇒コールドクリームとクレンジングクリームの違いは?特徴まとめ!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





ゲラン・クレンジングクリームについて




まずは商品の基本的な説明からご紹介します。



ゲランのクレンジングクリームは、2015年8月にリニューアルしたばかりの比較的新しい人気のクレンジングクリームです。



お値段は200gで9000円。



大容量ですが、お高めの価格設定ですね。



ブランドのイメージにぴったりな高級感ある容器が印象的です!



またフレグランスの老舗メーカーとあって、香りにもこだわっています。



なんとこのクレンジングクリームのためだけに開発された香りなんだそう。



https://twitter.com/danrui1915/status/665885297549316096?lang=ja



化粧落としとして毎日使うアイテムだからこそ、香りや使用感にこだわりたいですよね!



ゲラン・クレンジングクリームの成分について




次に、配合している成分について詳しく見ていきましょう。



2015年にリニューアル発売されてから新しく加わった成分「ニゲラオイル」に注目。



ニゲラオイルには、



  • 抗酸化作用

  • 抗炎症作用



  • の二つの働きがあります。



    突然いうのもなんですが、私たちの肌は20歳をピークに老化が始まります。



    といってもシワやくすみといったエイジングサインは20代後半〜30代前半あたりに見られるので、



    20歳になって突然肌が衰えてしまう!と感じることはないのですが、



    もともと体内で保有している補酵素(コエンザイムQ10)が減少していくため、



    肌の代謝が落ちてしまいます。



    さらに、ストレスや紫外線、喫煙や排気ガスといった外的要因が体内の活性酸素を増やし、酸素を錆びつかせてしまう(酸化)してしまうので、



    肌の表面に古い角質がたまってしまったり、



    乾燥やくすみ、毛穴トラブルなどを引き起こしてしまいます。



    ところが、ニゲラオイルの抗酸化作用によって活性酸素を減らし、



    細胞の錆びつきを抑えることができれば、



    肌のターンオーバーが正常化して内側からみずみずしく透明感あふれる肌質に変わることができるのです。



    つまり、クレンジングクリームでありながらオイルによってエイジングケアもできてしまう!



    そんなスキンケア効果が高いアイテムとなっています。




    さらに、ニゲラオイルの抗炎症作用によって肌荒れを防ぐことができ、



    肌表面がなめらかになります。



    当サイトでたびたび紹介しているマナラホットクレンジングゲルも、クレンジングしながら美容液と同じような効果が得られますね。



    ⇒マナラホットクレンジングゲルの口コミ&使い方!水分量計測&写真で効果検証!



    クレンジングをする上でよく心配されるのが、



    メイク以上に肌に必要な皮脂まで奪われてしまい、



    角層にある細胞間脂質…つまりうるおい成分などが流れ出てしまうこと。



    しかし、こちらのニゲラオイルの作用によってメイクオフと同時に肌を守る美容効果が期待できます。






    値段以上に高機能なクレンジングなのです!



    ただ、そこまでちょっとお金出せないかなあというあなたは、いろんなランキングに出てくるプチプラのちふれ化粧品シリーズや種類豊富なプレディアも参考にしてみるといいですね。



    ⇒ちふれクレンジングクリームは使える?2商品の特徴まとめ!

    ⇒プレディア・クレンジングクリーム3種を比較!特徴や口コミは?



    スポンサーリンク




    ゲラン・クレンジングクリームの使用感について




    では、肝心のクレンジング力や使用感はどうなのでしょうか。



    ゲランのクレンジングクリームに含まれる油剤は、潤滑を目的としていたり透湿性を目的としていたり…と、いずれも美肌目的で配合されているものばかり。



    乳化安定剤も含まれますが、



    クレンジングオイルやリキッドに比べるとメイクを落とすクレンジング力がやや弱いのは否めません。



    多くのクレンジングクリーム商品が同じようなものかもしれませんが、



    メイクが瞬時に落ちるわけではないものの、マッサージをしたり香りを楽しみながらクレンジングするといったアイテムなので、



    スピーディーにメイクを落としたい人にはあまり向いていません。



    落ちにくいアイメイクや口元は、あらかじめポイントメイクリムーバーで落としておきましょう。



    ▶︎クレンジングクリーム基本の使い方情報はこちらをチェック!



    また、テクスチャーはリッチでなめらか。



    私自身もゲランのショップで少しだけテクスチャーを試してみたのですが、



    とろけるような感触で非常に心地よかったです。




    マッサージしながら使えるくらいのなめらかさなので、



    手元に力を入れなくてもメイクと馴染みますよ!



    そして香りについて冒頭でも少し触れたのですが、



    ホワイティなムスクとジャスミンの芳醇な香りがします。



    ブログなどの口コミ特集を見ていると、一部で好みが合わない!という人もいるので、



    購入前はテクスチャーや香りをコスメショップで試していただくことをお勧めします。



    ゲラン大ファンの体験者の大丸松阪屋コスメショップのレビューがこちら。







    ゲラン・クレンジングクリームの使い方




    それでは最後に、ゲランのクレンジングクリームの使い方をご紹介します。



    まず、さくらんぼ粒1〜2個大のクレンジングクリームを乾いた手に取り、顔全体から首筋まで、マッサージするようになじませていきます。



    テクスチャーがやや軽くなってきたのを感じたら、



    ティッシュで拭き取るかぬるま湯で洗い流してください。



    また、同ブランドのクレンジングウォーターをたっぷり染み込ませたコットンで拭き取っても良いでしょう。



    マッサージしながら使うことで得られる美容効果とは?




    先ほどの使い方の説明でマッサージをするようになじませる、と紹介しましたが、



    これにもきちんとした理由があります。



    マッサージをしながら使うことで、血行が促進され、顔の血色が良くなったり若々しい肌質になります。



    また、血行促進により老廃物を排出することもできるので、



    顔のむくみがスッキリするんです。



    クレンジングの観点から見ても、角質層の奥に入り込んだ皮脂汚れを浮かせることができるので、



    顔全体がパッと明るくなりますよ!



    あまりにも長時間マッサージをしてしまうのは良くありませんが、



    1〜2分程度であればあまり問題はないでしょう。



    芳醇な香りを楽しみながら、是非マッサージしてみてくださいね。



    sponsored link




    ゲラン・クレンジングクリームとセットで使って欲しいもの




    さて、クレンジングクリーム1本でメイクオフしてももちろんOKなのですが、



    効果的な使い方をマスターしたいなら、クレンジングアイテムを使い分けてみるのもおすすめです。



    例えば、皮膚の薄い目元や口元、そしてウォータープルーフや重ねづけマスカラと言ったメイクの落ちにくいパーツには、



    同ブランドの「アイ&リップメイクアップリムーバー」でメイクオフ。



    スキンケア効果も高いので、使い続けるたびに生き生きとした目元に導いてくれます。



    また、クレンジングクリームを拭き取る時に便利なのが、同ブランドの「クレンジングウォーター」。



    毛穴汚れまで落とすほどの優れたクレンジング力で、



    クレンジングクリームの拭き残しを防ぎます。



    デリケートな肌だからこそ、アイテムを使い分けて肌をいたわるようにメイクオフしてあげてくださいね。



    矢印 現役美容部員が厳選したホットクレンジングジェルの人気ランキングを見てみる



    おすすめの関連記事




    ⇒クレンジング不要のBBクリームは危険?クレンジング&洗顔事情 | マナラー

    ⇒雪肌精クレンジングクリームは無添加?効果&口コミまとめ! | マナラー